1. TOP
  2. 落語から学ぶこと〜立川志の輔さん 牡丹灯籠を聴いてきました〜

落語から学ぶこと〜立川志の輔さん 牡丹灯籠を聴いてきました〜

こんにちは!
上杉惠理子です。

 

台風13号が迫る
2018年8月7日。

 

お誘いいただき立川志の輔さん落語会へ
夏の下北沢 本多劇場に行ってきました。

志の輔さんといえば
ためしてガッテンでおなじみ。
超有名な噺家さんのおひとりです。

 

夏の下北沢での志の輔さんの演目は
この11年間毎年
『牡丹灯籠』!

 

日本の三代幽霊といえば
お皿を数える番町皿屋敷のお菊さん
四谷怪談のお岩さん
そして
いちばん影がうすい(←失礼!笑)
牡丹灯籠のお露さん。

 


死んでしまった美女お露さんが
恋い焦がれた美男 新三郎のもとへ
毎夜 牡丹灯籠を持ってカランコロンと
幽霊になっても通い詰める…

 

という怪談話として
落語はもちろん
歌舞伎や文楽やたくさん
舞台化されてきたお話。

 

 

ですが

 

11年前に志の輔さんが
この牡丹灯籠の作者であり
幕末〜明治の落語家 三遊亭圓朝の全集で
牡丹灯籠を読み直してみたら

 

実は、牡丹灯籠

お露さんと新三郎の話は
全体の ちょこ〜〜っとで
怪談話を超え  30時間にもおよぶ
複雑な人間関係を描いた超大作だった…!

 

 

志の輔さんもびっくりした
牡丹灯籠の全体像を
広〜く聴かせてくれるのが
志の輔さんの夏の本多劇場なのです。

 

 

第1部は
パネルを使って
後半の落語がわかるように
講義形式でわかりやすく
話してくくださって

第2部は
ばっちり落語。

 

 

あまりの世界観の大きさに
圧倒されました…!

3時間10分、60歳を超えて
ひとりで演じきる志の輔さんにも圧倒……!

この大作を、明治初期のあの時代に創った
三遊亭圓朝の想いは何だったのだろう
としみじみ浸りながら帰ってきました。

 

さらに
WEBの青空文庫で
三遊亭圓朝のながーい牡丹灯籠の
台本を読むことができるのですが
(便利な世の中!)

読んでみたら
私が聴いてきた内容と
順番がぜんぜん違うのです…!!

 

志の輔さんはその全集の通りの
順番じゃなくて
私たちにわかりやすいように
いろんなエピソードを
組み替えているんですね。

そのことに気づいて…
特に第一部は
あんなにサラリと軽くお話くださったのに
すごく練った上で、だったんだなと。

 

これから本を書いていく身として(!)
とてもとても勉強になりました。

 

 

…ますます落語が好きになる!

 

浅草の寄席にみんなで
行ってこようかしら^^

 

きものは日本女性の最強の勝負服!
和装イメージコンサルタント
上杉惠理子

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【号外!マンガ版】固定費をかけずに開業できる!選ばれるホンモノのセラピストになる為の無料小冊子プレゼント!

  • アニメ『昭和元禄落語心中』 落語ビギナーにとってもおすすめ!*寝不足注意!!

  • 輝く女性になるために必要なもの〜映画グレイテスト・ショーマン観てきました〜

  • 【書評】見えない世界、見えますか?〜小西昭生著『サイエンス・スピリチュアルの教科書』を読んで〜 

  • 【開催報告 最終回】「和」とは何だろう?

  • 気軽に着れて新品お仕立て3万円のきもの、興味あります?〜染織こだま出張木綿展に行ってきました〜