1. TOP
  2. 【開催レポ】新宿から見えるトルコ、そして世界〜五感で味わう食ツアーvol.12〜

【開催レポ】新宿から見えるトルコ、そして世界〜五感で味わう食ツアーvol.12〜

 

 

昨日は私が主宰するコミュニティ
<五感で味わう食ツアー>
vol.12 日本一のトルコ通と行く!
トルコを語り味わう旅

を開催しました^^ 

 

 

 

<五感で味わう食ツアー(以下、五感コミュ)>は
食べることも飲むことも大好きな私が
きものを着る機会にもなる場をつくりたいと
2018年10月に始めたコミュニティ企画です。

 

ただ食べるだけでは終わらない
ユニークで知的好奇心を刺激する企画を
私の人生のご縁を生かした
私ならではの会を毎回企画しています。

 

これまでに開催したテーマも
お能、落語、浅草さんぽ、忍者、
川床(もどき)、日本酒&漆器…
と、ザ・和なテーマから、

中東ワイン、ペルシャ料理、
アフリカアート、レコード…

と幅広いラインナップが
個人的に自慢です^^ 

 

 

いくつか、開催レポもまとめております♪

【開催レポ】「和」の感性を持って世界と繋がる 〜五感で味わう食ツアーvol5アフリカンナイト〜

【開催レポ】ペルシャってどちら? 〜五感で味わう食ツアーvol.8〜

【開催レポ】日々の暮らしにこそ和文化を 〜五感で味わう食ツアー vol.9〜

【開催レポ】古典落語の世界、堪能しました!〜五感で味わう食ツアーvol.11〜

 

 

12回目となる今回のテーマは…


トルコ!!

 

私が「日本一のトルコ通!」と
リスペクトするチャイさんを
ゲストでお招きし
トルコのお話をしながら
トルコ料理をいただく、という企画。

 

 

今回の企画のきっかけは
チャイさんがやっているPodcast番組
「世界遺産と雑学の旅」
に私が昨年末からハマったこと。

 

「世界遺産と雑学の旅」公式HP
http://tabitabi-podcast.com/sekaiisan/
第1回から聴けます♪

 

 

2013年から現在も続いているこの番組は
チャイさんが毎回ひとつ
世界遺産を紹介してくれて
そこからいろんな話をしてくれる番組。
楽しくて面白くてタメになって
ほぼ毎朝、メイクと着付けを
しながら聴いています。

 

チャイさんは高校生のときに
世界史が大好きになって
世界史の中心はトルコだ!
と大学時代にトルコに留学された方。
今でもトルコ愛溢れ
チャイさんと話すとみんな
トルコに行きたくなる^^ 

 

この方とリアルでトルコ話したら
楽しいだろうな〜〜と思いまして
Twitterで仲良くなり、
ダイレクトメッセージで
「五感コミュというのをやっていて
 ゲストで来てくれませんか?」とオファー。

 

先月一度リアルで打合せでお会いし
昨日の第12回の開催になりました。

私とほぼ同世代のチャイさんです♪
WEB上では完全顔出しNG、
本名は私も聞いていませんが!
神奈川県生まれの日本男児です^^

 

 

別に女性限定じゃなかったのですが
当日を迎えてみたらハーレムのように
美女がチャイさんを囲む会になりました笑

 

 

会場に選んだのは
新宿にあるパムッカレという
トルコ料理の専門店。

 

お店の名前のパムッカレとは
トルコの世界遺産のひとつで
石灰岩でできた白い棚田のような
絶景の場所です。

 

みんなで世界三大料理と言われる
トルコ料理を堪能いたしました♪

 

前菜盛り合わせに
パンとレンズ豆のスープ。


写真を撮り忘れましたが
サラダもありました^^ 

 

ジャガイモの煮込み料理に…

 

メインはケバブ!
シシケバブの「シシ」は串という意味なんだそうです。

 

最後にトルコの焼プリンとお茶が出て
とっても美味しかったです❤︎ 

 

お店の壁を飾るトルコを代表する陶器
キュタフヤ陶器のお皿が可愛い❤︎

お皿に描かれるお花は
トルコの国花 チューリップ。
チューリップといえば
オランダのイメージでしたが
トルコの国花なのですねぇ

 

週末ということで
ベリーダンスのショーもありました♪

中東料理の専門店でのベリーダンスショーは
最後にお客さんも一緒に踊るのが定番です。
踊り子さんに誘われたら
思い切って参加してみてくださいね♪

 

オーナーさんもスタッフの方も
みんなトルコの方ですが
みなさん日本語お上手❤︎

 

お皿やランプシェードや
絨毯やアクセサリー、
トルコのお土産も買うことができ
また来たくなるお店でした^^ 

 

 

チャイさんを囲んだお話は
トルコの旅行話から始まり
世界宗教、世界史、
みごとに多岐に渡りました。

 

トルコはまさに
ヨーロッパとアジアの往来が
何千年と続いた地域なので
お顔立ちや肌の色もいろいろな人がいて
外見だけでは「トルコ人」と
わからないそうです。

 

 

彼らが大事にするのが
「トルコ語を話せるかどうか」

チャイさんも
トルコでトルコ語を話すと
とてもとても喜ばれ、
日本のトルコ料理屋さんで
トルコ語を話したら
お会計がタダになった、
ということもあったそう!

 

日本人にとって
トルコ語はとても学びやすい
言語そうです。

 

というのは
日本語もトルコ語も
主語+目的語+動詞
の文法だから。

日本語で考えながら
トルコ語にすればいい。

しかもトルコ語の発音は
アルファベット表記を
そのまま読めばほぼ通じる。

 

 

しかもトルコは親日。

1890年に和歌山県沖で
軍艦エルトゥールル号が座礁したのを
村人が救援活動をしたことが
トルコではずっと語られているそうです。

このことは『海難1890』という
トルコと日本の合作映画があるので
私もぜひ見てみようと思います^^ 

 

 

トルコ語をちょっとでも
話せるようになってから
トルコに旅行したら絶対に楽しい♪♪

 

 

この五感コミュは
毎回企画がいろいろと変わるのですが
どんな会でも主催の私は
きものでまいります。

 

今回は紫藤尚代青山店の店長
鈴木翔子さんが
トルコ好きなお客様と
きもので来てくれました♪♪

きものを着る機会としても
五感コミュに参加頂けたら
とても嬉しいです❤︎

 

 

外出を控えがちな今日この頃。
今回も迷いましたが
少人数な形で開催しました。

 

ZOOMでオンライン飲み会、
も良いけれど…
やっぱりリアルで会うことは
大切だなと思います。

 

チャイさん、
参加くださった美女たち、
本当にありがとうございました!

 

 

次回vol.13、
そしてスピンオフ企画も計画中。

 

それではまた!

 

和創塾
〜きもので魅せる もうひとりの自分〜
上杉 惠理子

 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【開催レポ】ペルシャってどちら? 〜五感で味わう食ツアーvol.8〜

  • 【開催レポ】「和」の感性を持って世界と繋がる 〜五感で味わう食ツアーvol5アフリカンナイト〜

  • 【ご案内】五輪イヤーだもの♪落語デビューしましょ♪ 〜五感で味わう食ツアー〜

  • 【開催レポ】日々の暮らしにこそ和文化を 〜五感で味わう食ツアー vol.9〜

  • 【開催レポ】古典落語の世界、堪能しました!〜五感で味わう食ツアーvol.11〜