1. TOP
  2. 【本のご紹介】落語がますます好きになる♪

【本のご紹介】落語がますます好きになる♪

こんにちは!^^
上杉惠理子です。

 

今日は最近読んだ本を
ご紹介させてください。

 

 

落語が聴きたくなるこちらの二冊♪

 

落語好きにはたまらない〜❤︎

 

『教養としての落語』

立川談志師匠の
18番弟子の落語家
立川談慶さんが書かれたもの。

慶応大を出て、
ワコールでサラリーマンをして

落語家に入門したという経歴の方です。
(前座時代のお名前が
 立川ワコールだったそう。大笑)

 

これ、とってもおもしろくて
一気に読んでしまいました!

 

落語の世界のシステムや
落語由来の言葉もわかる

 

主な古典落語の筋書きがわかる
(次に聴くときさらに楽しめる!)

  

歌舞伎や能、文楽など
他の伝統芸能とのちがいもわかる

 

これだけは知っておきたい
落語のレジェンドたちの
型破りなストーリーもわかる

 

最近開業した山手線の新駅
高輪ゲートウェイ駅の名前を
「芝浜駅がいいんじゃないか」と
一部で盛り上がったお話もおもしろい!

 

落語ビギナーさんから
もうちょっと深く落語を知りたい方に
とてもとてもおすすめの本です^^

 

この本の中に
著者の談慶さんのお師匠 談志さんの
こんな言葉が出てきます。

 

「俺は、落語は人を殺さねぇから好きだ」

 

確かに!
私が落語好きなのも
これが理由のひとつです。

 

人が亡くなるとか
復習を企てるとか
落語にもそういうお話はあるのですが
リアルタイムで登場人物が
誰かの命を奪うというシーンがない。

 

気軽に笑える落語の内側にある価値観まで
明確につかむことができる本です。

ぜひ読んでみて〜^^ 

 

 

そしてもう一冊
落語つながりの本がこちら。

 

『ジロリの落語入門』
 

東京の寄席のひとつ
浅草演芸ホールには
看板猫 ジロリがいるんです。

 

こちらで猫を飼い始めた
一番の理由はネズミとり。


ジロリは昼も夜もずっと
浅草演芸ホールで暮らし
昼はチケット売り場でお客さんを招くか寝ていて
夜はホール中をネズミ捜索しているとのこと。

 

先日、私が久しぶりに
浅草演芸ホールの寄席を聴きに行った時も
カウンター越しに会えました❤︎

 

 

これまた落語入門としては
とってもわかりやすく
写真を見ているだけで
猫好きさんにはたまらないので
おすすめですにゃ〜ん❤︎

 

 

そのうちみんなで寄席に行こう!
の企画もするので
ぜひ予習しておいてくださいませ^^

 

それでは
今日も良き日をお過ごしください^^

 

 

和創塾
〜きもので魅せる もうひとりの自分〜
上杉 惠理子

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • きものを着ると、変わるのはなぜなのだろう?

  • タンスに眠る帯のストーリー

  • 今月出会った、6月に最高のきもの〜エメラルドグリーンという選択〜

  • きものでランウェイデビュー 〜五感で楽しむ 着物ランウェイin東京〜

  • エスコートは感謝を込めて受けましょう

  • アウターの準備を忘れずに♪ 〜お正月・お花見のきものの着こなし〜