1. TOP
  2. 真夏に都心をきもので涼しそうに歩ける理由

真夏に都心をきもので涼しそうに歩ける理由

 

こんにちは。
上杉 惠理子です。

 

暑い!!!

 

東京は
毎日、毎日、毎日
暑いです!!

 

もう
梅雨明けしたのでしょうか。

というか、
今年は梅雨が来たのでしょうか…

 

 

…という暑さです。

 

 

こんな暑い日でも

 

いや

 

こんな暑い日だからこそ

 

私はきもので過ごしています。

 

昨日は起業家仲間の
マインドブロックバスター
カマータ眞由美さんと

ソウルラバーズ主宰
野元なるみさんと

表参道でランチと
街のリサーチをしてきました。

20046826_10154506108092085_4388218360603515064_n.jpg
▲左からカマータさん、野元さん、私

 

 

最近、会う人会う人に

上杉さん、きもので
暑くないんですか??

と聞かれます。

 

 

こんなに暑いなか
きものを着るなんて
無理していないだろうか
大丈夫なんだろうか

…と心配されている気がします。

 

ご心配おかけしてもなんなので
改めてお伝えすると

きものを着ている本人は
そこまで暑くありません。

 

 

そりゃ、もちろん
Tシャツ・短パンよりは暑いです。

ですが

スーツに
パンスト&ヒール靴よりは
バツグンに涼しく、心地よいです。

 

 

19883982_10208799017167570_6409810418851089079_n.jpg

Photo by 野元なるみさん

 

 

私、ナイロンストッキングなんて
冬であってももう二度と
履きたくないですもの!笑

 

本当に暑くてツライときは
涼しいところで休憩したい
と言うので、大丈夫です^^

 

 

この暑さでも
なぜきものを着ていられるのか

 

実はきものは
日本の高温多湿の夏の気候に合わせて
作られている衣装なのです。


だから、

もともと夏に涼しいのです。

 

そして、
私自身も涼しく快適に
夏きものを過ごすために
こだわっていることがあります。

 

それは何かと言うと…

長くなったので
続きは次回の記事で!

 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • おしゃれはガマン、はもう古い! きものを着れば着るほど身体が楽になる

  • きものを着こなすことが、リーダーシップにつながる理由

  • 今の浴衣コーデで、アフタヌーンティーに行けますか?

  • <式ごと>だけは大事に。

  • 【証拠写真アリ】30年前お母さんが着たきもので、息子さんの卒園式へ

  • 懐紙は、きもの美人の強い味方!