1. TOP
  2. 夏着物は着る人より、見る人のため 〜きものが意外と涼しい理由 その3〜

夏着物は着る人より、見る人のため 〜きものが意外と涼しい理由 その3〜

 

 

こんにちは!
上杉 惠理子です。

 

 

 

今年の夏はいつも以上に暑い
と言われていましたが
東京は本当にここ数日
とても暑い日が続いています。

 

 

そんな季節でも
私は週6日きものを着ているので
お会いする方に


こんなに暑いのに
暑そうには見えません!!
なんで!?

と、よく聞かれます。

 

 

暑い、暑いという日でも
さらりと涼しそうに
笑顔も爽やかに
和装で歩けたら素敵ですよね^^

 

昨日、おとといと
お伝えした通り
涼しく着こなすポイントがあります。

 

そして、
さらに今日はもう一つ。

マインドが大事。

 

 

和装の私を見て
涼しさを感じてもらいたい!
と思って着ています。

 

夏のきものはもともと
着る人が涼しいかよりも
見る人が涼しいか
大事にしているところがあります。

 

 

布の透け感

 

ふわりと揺れる袖

 

涼しさを連想する柄

 

 

 

こんなに暑いのに
きもの姿が涼やかで
素敵ですね

と言っていただきたい!
と思っています。

 

 

きものを着るのは
自分のことよりも
お会いする方に
涼をお届けするため
と思っているくらい。

 

 

そう思っていたら
「暑い〜」「何、この暑さー」
とか、言わなくなります。
(たまに言いますけど笑)

 

 

暑い、暑いと
言っているから暑い

という面って
あるんだと思います。

 

 

涼をお届けするんだ
と思っていると
そういう自分になれる。

 

 

ただし
熱中症になったら大変なので
無理は絶対にしないように!
(私も気をつけます^^)

 

この夏だからこそ
涼やかなきもの美人になって

周りの人の視線を
集めちゃってください^_-☆

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自分の評価をあげるために、きものを着る 【個別セッションのご感想】

  • きもので7人と一匹の高尾山レポ

  • 2017年新作のKIMONOたち 〜イマジン・ワンワールド キモノプロジェクト新作発表パーティに参加してきました〜

  • ネックレスのような半衿 素材選びのポイント♪

  • そもそも第一印象が大事なのはナゼだっけ?〜きもので作る、最高の第一印象のレシピ①〜

  • きもののお手入れが、ぐっと楽になる選び方