1. TOP
  2. タンスに眠る帯のストーリー

タンスに眠る帯のストーリー

 

こんにちは!
上杉 惠理子です。

 

 

 

私の母の誕生日は
お釈迦さまと同じ4月8日。

毎年この時期は、
家族4人そろって

地元八王子でお食事会をしています。

 

今年も4月の初めに
お庭が美しい
とうふ屋うかいさんに
行ってきました^^ 

 

 

和裁士だったのに
自分では全く着物を着ない私の母。

このときだけは
着せれば、着てくれます笑

 

30710592_1649345031849293_5168445476571185152_n.jpg

寒くもなく暑くもない
言い訳できない
良い時期ですから(^_−)−☆

 

 

母のタンスのなかから
きもの、帯、帯揚げ帯締め…
とコーディネートを選んで
小物関係も全部用意。

 

 

今回私が母に選んだのは
柿渋で染めた
ほんのりピンクの紬の着物と
黒地に小花満開の
花ぐるまの帯でした。

 

このきものは
一年前のお誕生日ディナーでも
着せたお気に入りの一枚ですが

 

この帯を母に選ぶのは
初めてでした。

 

塩瀬の黒地にの生地に
車に花の柄を染め
さらに刺繍をたくさん入れた
今見るととても豪華な帯です。

29792701_10210559682743109_6560212301082816718_n.jpg
母が前々から
気に入っている帯だとは
知っていたので
母自身に締めてもらおうと
思ったのでした。

 

 

これ、20代の時に
買った帯なのよ。
今着るなんて無理よーー!

…と、最初母が
抵抗していましたが笑
帯なら大丈夫^^

 

 

きものがシンプルなので
これくらいしっかりと
柄が入っている方が締まります。

 

 

 

この帯はどうしたの?
いつ買ったの?

と着付けながら
聞いてみると…

 

 

私が生まれる前
新婚ほやほやの頃

最初に両親が住んだ永福町の
小さな小さなアパート近くの
とある呉服屋さんで
ウインドウにこの帯が
飾ってあったそうです。

 

素敵だなぁと気に入った母が
父に買ってもらったそうな。
(父、えらい!^^)

 

 

ですが、
母は全く締めたことがなく!
(私が既に何度か締めました汗)

 

 

約40年月日を経て
やっとこの日、
母が締めたのでした。

 

 

そんなストーリーがあったとは
私もびっくり!!

 

それならもっと早く
着せてあげればよかった!
と思いながら
今回母に着せて、話も聞けて
本当によかったと思いました。

 

今年17回忌になる父も
喜んでくれただろうなぁ
と思います^^

 

30715157_1649345538515909_2600430435179692032_n.jpg 

きものには
ストーリーがあります。

 

買ったときのこと
前回着たときのこと…

そのストーリーを聞くことは
持ち主である母にとっても
受け継ぐ私にとっても
嬉しいこと。

 

2018年春に母に着付けたこの帯は
私にとっても特別な帯になり
愛着がグググっと増しました。

 

手に取り、着ることで
昔のことが鮮明に
思い出されるようです。

 

きものを着こなすようになったら
お母さんに着せてあげて
一緒にきものデートしてください

と、よく本講座生の
生徒さんにも伝えます。

 

 

タンスに眠るきものや帯が
ストーリーとともに
世界に唯一の特別なものになります。

 

そうして
大事に思っている気持ちは
これからの着こなしに出ますから^^

 

私も
もっと母ときものを着る機会を作って
もっと話を聞き出したいな、と思っています。

 

 

タンスに眠る着物を着こなしたい!と思った方へ。
個別セッションで、あなただけの着こなしプランを手に入れて
きもの美人へ大きな二歩を踏み出しませんか??^^

▼▼▼個別セッションお申し込みはこちらから▼▼▼

<個別セッション お申込みフォーム>

 

 

 

 

きものは日本女性の最強の勝負服!
和装イメージコンサルタント
上杉惠理子

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 個別セッションへの クレームをいただきました

  • レンタルでも足袋は自分で用意しよう! 〜お正月・お花見のきものの着こなし〜

  • 志の輔らくごで、忠臣蔵をイチから勉強してきました

  • 思い出の浴衣が、一瞬で垢抜ける!

  • アウターの準備を忘れずに♪ 〜お正月・お花見のきものの着こなし〜

  • エスコートは感謝を込めて受けましょう