1. TOP
  2. 【浴衣のキホン】浴衣って何月から何月まで着ていいの?

【浴衣のキホン】浴衣って何月から何月まで着ていいの?

 

こんにちは!
上杉 恵理子です。

 

今年の夏こそ
浴衣をいっぱい着たい!
と思った方へ

浴衣のキホンのギモンを
解決しちゃう連載です。

 

 

まず、よく聞かれるギモン一つ目は…

 

浴衣の季節っていつ?
何月から何月まで着て良いの??

 

一言でお答えすると
浴衣の季節は
6月〜9月です。

 

 

意外と長く、4ヶ月間なのですね〜^^ 

 

浴衣を着たのは
地元の花火大会で1回だけ…と言わず 

夏のお出かけスタイルのひとつとして
たくさん着てみていただきたいなと思います♪

 

 

もう少し詳しくお話するために
きものの衣更(ころもがえ)のお話をします。

 


↑図にするとこんな感じ。

 

 

まずは、図の上段
絹のきものの衣替えについて。

 

絹のきものでは
7〜8月は透ける生地の
薄物(うすもの)のきものを着ます。

 

きものの下に着る長襦袢の色を
白、水色、ピンク…と変えることで
きものの色味も変わる…という
なんとも素敵なおしゃれができます。

 

自分自身の涼しさよりも
周りの見る人に涼やかさを感じてもらうことを
大事にしているのが夏のきものです。

 

 

そして、6月と9月は
透けないけれど裏地をつけない
単(ひとえ)のきものを着ます。

 

さらに
10月から5月まで秋→冬→春は
裏地をつけた 袷(あわせ)のきものを着ます。

 

 

ただ、最近は5月と10月も暑い日が多いので
5月と10月も 裏地のない単(ひとえ)を着てOKです。

 

 

私の中学・高校時代の学校の制服は
6月1日と10月1日は
夏服と冬服の衣更の日でした。
(今は変わっていたりするのかしら…?)

 

きものには
日本の衣更の習慣が
しっかり残っているのですね。

 

 

そして、和装には
絹のきものだけでなく
木綿やウール、麻など
他の自然素材があります。

 

木綿やウールは
冬ものでも裏地をつけない
単(ひとえ)で仕立てます。

また、とても涼しくて軽い麻は
夏の素材です。

 

そんななかで…
ゆかたの季節は6〜9月

 

つまり、
絹の きものでいうところの
単(ひとえ)と薄物(うすもの)
の時期に当たります。

 

 
つ ま り !

 

年間を通じて
和装を普段から楽しみたいなら

 

裏地のある 袷(あわせ)のきもの1枚と、
浴衣が1枚あれば

年中楽しめちゃう!

ということなのです^^

 

 

全くきものを持っていない…という方は
着まわしが効く袷1枚、浴衣1枚
をぜひ見つけてみてくださいね!^^

 

 

 

ちなみに、浅草では
5月中旬の 三社祭から浴衣解禁!
という習慣もあるそうです♪

【ご質問】浴衣は三社祭から着てもいいんでしょうか?

 

 

 

次回の連載記事はこちら!
「この浴衣は、
 夏着物としても着られます」
…って、どーゆーこと? をお届けします♪

浴衣を夏着物としても着られるってどーゆーこと?〜2018年夏 オトナ女性が一目置かれる 浴衣準備特集(2)

 

 

和創塾
〜きもので魅せる もうひとりの自分〜
上杉 惠理子

 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • <式ごと>だけは大事に。

  • 秋色ワードに惑わされるな! すべての人がカーキが似合うわけじゃない

  • ディズニーシーで思った、私たちが和装で伝えられること

  • 2018年に叶えたい夢は何ですか?

  • 姿勢を変えればもっとキレイになれる!〜イチオシの姿勢本はこちら!〜

  • 続・きものでクリスマスパーティが楽な理由