1. TOP
  2. 私の個別セッションが、「普通」のきもの相談と違うところ

私の個別セッションが、「普通」のきもの相談と違うところ

 

こんにちは!
上杉 惠理子です。

 

 

もし私たちが
何か、興味があることを
新しくやってみよう!
と思ったとき

 

一番早く上達するコツ
は何でしょう?

 

 

 

それは
大きな目標を、
はっきりと持つこと。

 

 

 

しかも
「それができたら 
 むちゃくちゃ嬉しい!」
と、自分のココロが動く目標
を持つこと。

 

 

 

人は自分のココロが動かないと
がんばりきれない生きモノです。

 

 

お仕事でも
趣味でも
そうだと思いませんか?

 

 

 

きものを着こなすことも一緒。

なんとなく
「自分で着れたらいいなー」
からさらに二歩踏み込んで 

もっと大きくて
ワクワクする目標を持てたら
もっともっと楽しくがんばれる。

だから私は
個別セッションで
その方が目指す目標
目指す「」を一緒に探します。

 

 

 

その目標は
「行動」の目標のこともありますし、
「自分の在り方」の目標のことも
あります。

 

 

✔ 年末のお友達の結婚式に
 自分できものを着ていくんだ!

 

✔ 毎年恒例のクリスマスパーティに
 今年はきもので行くんだ!

 

✔ この秋は、彼とのデートに
 きものを着て行って、
 一緒に写真を撮る!!

✔ 年内にお母さんのきものを
 着こなして
 お母さんに見せてあげる!!

 

という具体的な「行動」が
目標になる方もいます。

 

 

さらに
もっとココロが動くのは
きものを着こなしたときに
「自分の在り方」
「こうなっていたい自分」
というイメージなのです。

 

✔ 人とは違う、自分らしいおしゃれを
 きもので楽しめる自分になる!

 

✔ 親しみやすい人と見られるけれど
 オトナの女性として
 一目でリスペクトされる人になる!

 

✔ いつもは目立ちたくない…と思って
 過ごしてしまうけれど
 本当は華のある女性になりたい!

 

✔ 日本女性として堂々と
 世界で活躍するキャリアウーマンになる!
 
✔ 松島菜々子さんみたいな
 和装美人になりたい!!などなど…

 

 

日本女性は控えめです。

私はこうなりたい!
と最初から大きな夢を語れる人は
実は多くはありません。今までこうだったし

子どもがいるし

こんな年齢だし

仕事も忙しいし

親の介護があるし…

 

 

自分よりも
ご家族や仲間を優先して

 

 

本当はこうなりたい
本当はこうしたい

 

 

という「夢」に
気づかないでいる女性が
本当にたくさんいます。

 

 

私自身もそうでした。

 

 

私との個別セッションでは
本当はどうなりたいのか
本当はどうしたいのか

 

 

一人の女性として
じっくりと向き合い
ご自身の「夢」を見つけていただくことを
大事にしています。

 

 

その「夢」がわかれば
こっちのもの!!

 

 

きもの
その「夢」を叶えてくれる
魔法のような衣装だから^^

 

 

和装イメージコンサルタントである
私だから提案できる提案は

本当にあなたがなりたい
「夢」のために
きものをどう着こなすかということ。

 

 

ただ、
きものの着付けができたって
それだけじゃおもしろくない
と思いません?

 

ただ、
きもののTPOが合っているだけなのも
おもしろくないですよ。

 

どんなに
そのきものがすごい技術でつくられ
すごく豪華な柄であっても
自分がときめかなかったらつまらない。

 

 

主役は きものではなく
着こなす私たち自身です。

 

個別セッションで
あなたの夢を遠慮なく
聞かせてくださいね!

 

私も遠慮なく、お聞きしますから^_- ☆

 
 
きものは日本女性の最強の勝負服!
和装イメージコンサルタント
上杉 惠理子
 
 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【続・感想】自分の世界観が目の前に!〜和コラかふぇに参加された生徒さんのコラージュをご紹介します〜

  • 【閑話休題】私がこの日、選んだきもの

  • 2018年ファーストメッセージ

  • きものを着るリアルイメージが浮かびました!【体験セミナーへのご感想】

  • 似合う色との出会い

  • いつもの日常を特別にする選択肢 〜本講座へのご感想〜