1. TOP
  2. 身八つ口があるから涼しい 〜きものが意外と涼しい理由 その1〜

身八つ口があるから涼しい 〜きものが意外と涼しい理由 その1〜

 

 

こんにちは!
上杉 惠理子です。

 

 

昨日の東京も暑かった!!

今日も暑そうです…!

 

本当に、、
いつ梅雨が来たのでしょうか。。

 

 

 

と言いながら、昨日の記事では
きものは実は、意外と涼しい
とお話をしました。

 

20107900_1258923520896518_1877689971_o.jpg

 

Tシャツ・短パンよりは
暑いけれど

スーツにパンスト&ヒール靴よりは
バツグンに涼しい!!^^

 

 

きものもそうですが
特にアジアの民族衣装は
寒さよりも、
その土地の暑さに耐えられるよう
作られているそうです。

 

 

きものは特に
高温多湿の日本の風土に合うよう

バツグンの通気性なのです。

 

 

だから、
きものがもともと持っている
通気性を生かすこと
暑さ対策の一番のポイントになります。

 

 

 

きものは
袖口が空いていて、
袖が長いですよね。
腕にはほとんど
布が当たっていません。

 

足回りだって、
ロングの巻きスカート状態です。

 

そして、きものが涼しく感じる
一番のポイントは
が開いていること。

 

 

身八つ口(みやつくち)
と言います。

 

 

この身八つ口

男性のきものにはなく、
女性のきものだけあります。

なぜだと思います?

 

男性がしなくて
女性がすることとは??

 

 

そう、子育て。

 

身八つ口は
授乳口なのです。

 

身八つ口の場所と、
身八つ口からの授乳方法を
とてもわかりやすく

漫画にしてくださっている
ブログを見つけました!

http://puninpu.com/archives/36516187.html
(ぷにんぷ妊婦 前川さなえさんブログ)

 

 

きものが普段着だった時代
きものを脱がなくても
おっぱいをあげていたんですね。

 

 

別の言い方をすると…

 

身八つ口を知っていれば
わざわざ脱がせなくても
男の人は胸に触れちゃうんです♡
(うふ♪)

 

 

女性のきものは
身八つ口が開いているおかげで、
外を歩いていると
脇から首筋へ風が抜けます

 

 

気持ちいいなぁ〜
と思います。

 

 

 

ということは
和装の暑さ対策のポイントは

ちゃんと脇が開いている
インナーを選ぶこと!

 

Tシャツタイプの
インナーは問題外。

和装用インナーと言っても
安いものだと
身八つ口が開いていないことが
あるので要注意です。

 

グラマラスで和装ブラを使う方
短い袖もあって、
脇が閉じてしまうタイプは

通気性の理由からオススメしません。

 

夏の羽織を選ぶときも
安い羽織は身八つ口を閉じて
縫っていることがあります。

これも意味がない。
(身八つ口をつくるのは
 一手間縫う場所が増えますから)

 

脇は、汗が出やすい場所の一つなので
ここに布がないきものは
むちゃくちゃ快適です。

 

夏は汗ジミパットが手放せない
という方は、
きものがオススメですよ^^

 

 

身八つ口から
風が通る着方をする。

これが夏のきものの
一番のポイントです。

 

明日は別のポイントを
お届けしますね!^ ^

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • きもの美人の1:5:10の集め方

  • 初めての出版記念パーティ、どのきものを着ていく??

  • 夏着物は着る人より、見る人のため 〜きものが意外と涼しい理由 その3〜

  • フツーのOLが新きものビジネスを立ち上げた話【登壇イベントのご案内】

  • トリのうちに、イヌを迎える準備!〜お正月のきものの着こなし〜

  • きものだからこそ、所作も清く正しく美しく!