1. TOP
  2. コラージュで、理想のきもの美人を描こう!〜和コラカフェ お試し会レポート〜

コラージュで、理想のきもの美人を描こう!〜和コラカフェ お試し会レポート〜


こんにちは!
上杉 惠理子です。

 

 

内面の一番外側が、外見。

だから
内面を変えたら外見が変わる。
外見を変えたら内面を変えられる。

きものなら、日常着から
ガラリと印象を変えられるのだから、

きものを着こなすことで
自分を内面から変えていこう!

 

そのために
どんな自分になりたいか
イメージしてみよう!

 

 

さて、どうやって?

…ということで
私がオススメしたいのは
コラージュ!!!

 

雑誌や本から
好きな写真や言葉を見つけて
自由に貼っていくというもの。

 

22815253_10209509416007097_6480896562154662295_n.jpg

 

先日、私が主宰する
ジャパネスク・レボリューション
和装女性育成塾 本講座の
生徒さんと3人で

<理想のきもの美人を描こう!>
というテーマで
コラージュを作ってみました

 

 

まずは自分で
どんなきもの美人になりたいか
私からいくつか問いかけ
キーワードを書き出してもらいます。

22908423_10209509656733115_1584591358_o.jpg

 

そうしてキーワードを出した状態で
雑誌をどんどん見て
自分のココロに留まるものを
切ってストックしていきます。

22906376_10209509656693114_858438563_o.jpg 

ここまで一気に進めて
おやつをいただきながら休憩^^

 

そして、
パネルにペタペタ…
ひたすら貼る!

22906386_10209509656853118_1029973255_o.jpg

できあがり!!!

 22908732_10209509657413132_1824894283_o.jpg

 

 

 

自分が好きなもの
欲しいなぁと思うものを探して
雑誌を見ていく時間が
とっても楽しい!

 

集めた写真を
自分のココロ向くままに
一枚の自分の絵に
コラージュをしていく時間が
さらにとっても楽しい!!

 

 

私のコラージュはこちら♪
22906709_10209509656933120_1678553188_o.jpg

世界中、きもので旅をしたいよね!

そういえば昔から
バックは好きなんだよなぁ

やっぱり
わんちゃんと暮らしたい!

名前に「恵」の字があるのって
私ってとても幸せかも!

こんな時計なら
きものにも付けてみたいかも!?

…と、自分の「好き」「理想」を
改めて発見し、思い出し、再確認し
自分が目指す未来の
ワンシーンが
しっかり目の前に登場しました!

 

 

一緒に作った二人も

着てみたいと思うきもの
自分が好きだなぁと思う小物
一生に一度は見てみたい景色
何度でも食べたいもの

想いにのせて
自由に作っていました^^

 

 

不思議なことに
同じ雑誌を見ていても
切り取るページは
3人それぞれ全く違うのです。

 

「そんな写真あったんだ!」
と、他の人のを見て
気づくことも。

 

人は自分が求めるものしか
見ていないのですね笑

 

 

コラージュは
とっても楽しくて
自分がなりたいきもの美人を
考えてみるにはぴったりの方法!!

 

 

ぜひこのコラージュ作りを
みなさんにも体験してほしい
と思いまして…

 

11月に
自分の理想のきもの美人を描く
コラージュを作る会を開催します!!

 

受付はメルマガからご案内していきますので
「私もコラージュしてみたい!!!」
と思った方は、
メルマガに登録してお待ちくださいね!

>>メルマガ登録はこちらから!


ほんっとに楽しいですから^^

 

 きものは日本女性の最強の勝負服!
和装イメージコンサルタント
上杉 惠理子

 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 時間と空間を超えた、紫竹おばあちゃんの夢

  • 江戸時代の「火サス」文楽を見てきました。

  • レンタルでも足袋は自分で用意しよう! 〜お正月・お花見のきものの着こなし〜

  • 【Q&A】 新企画<和コラかふぇ>へのご質問にお答えします!

  • 着付けを習ったのに身に付かなかった…「きものリベンジ組」からのご感想をお届けします

  • 夏着物は着る人より、見る人のため 〜きものが意外と涼しい理由 その3〜