1. TOP
  2. 新年だから新しいものをひとつ 〜お正月のきものの着こなし〜

新年だから新しいものをひとつ 〜お正月のきものの着こなし〜

 

 

こんにちは!
上杉 惠理子です。

 

さて、今日も前回に引き続き 

 
お正月のきものの着こなし
ワンポイントアドバイス

 
をお届けします。
 
 
 
 
今日のテーマは

新しいものを身につける!
 
 

私が大好きな本に
『九十歳 和の躾』
という、染織研究家で随筆家の
木村 孝(たか)先生の本があります。
wanoshitsuke-omote.jpg

 
その一節をご紹介しますね^^
 
 
ーーーーー

新年になれば何か新しい布を
身につけるのが昔からのならい。

といっても晴着をつくってほしい
とはいいません。

 
白い下着、肌着でよいから
新調したいと思います。
エプロンでもいい。

誰にでもできることで
気持ちを引き締めてみたいのです。
(98頁より)

 
ーーーーー

和裁士だった私の母に聞くと
昭和50年代前半
母がシゴトをしていた頃、
一番忙しかったのは
12月だったそうです。

晴れ着をおろすならお正月
という方が多かったからでしょうね。

ちなみに木村 孝先生は

96歳で昨年他界されるまで
いつも  きものを着て
過ごされていた方。
木村先生の本を読むと
先生の可愛らしい姿を思い出しながら
いつも背筋が伸びます^^ 
 
 
 
今から、
新しいきものをつくる

という意味ではなく、

インナーでも
半衿1枚でも

腰紐1本でもいい。

 
 

「衿を正す」
という言葉もありますから
半衿を新たに変えるというのも
とても素敵ですね。

年初め、初詣へ
最初に着るきものに
新しい年への思いを
新しい布に込めてみませんか?

真新しいものを身につけ
心も新たに
素晴らしい一年の始まりと
なりますように。 

 

 

きものは日本女性の最強の勝負服!
和装イメージコンサルタント
上杉 恵理子

 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • パーソナルカラーで1本、必ず用意したい帯留を通す三分紐!

  • 【イベントご案内】きものと漆器で、一緒に飲みませんか?

  • レストランでも、イベントでも、きものを着こなすだけでVIPになれる!

  • きもののTPOは、5ランクで考えれば怖くない!

  • 和の文化は深くて広い 〜和の美を遊ぶ会で、林家たい平師匠の落語を楽しんできました〜

  • 麻が涼しい 〜きものが意外と涼しい理由 その2〜