1. TOP
  2. 私の梅きもの

私の梅きもの

 


こんにちは!
上杉 惠理子です。

 

 

都内では
いろいろな場所で
梅の花を見られるようになり、
だいぶ寒さも緩んだようで
春も間近だなぁと感じます^^

 

そんな春間近な
この週末の日曜日。

私も梅を入れた
コーディネートで
お出かけしてきました。

 

27751950_10210191868747989_8315465552667807245_n.jpg

私は梅のきものや
帯を持っていないので、
この日は梅鉢文様の半衿を追加しました。

 

梅鉢(うめばち)とは
一重の梅の花を正面から見たものを
図案化したもので
たくさんのバリエーションがあり
家紋としてもたくさん使われています。

umebachi.gif

 

写実的ではなく、
文様になったものなので
別に一年中使っても良いものですが
やはり季節にちょこっと入れたくなります^^  

 

クリーム色に黒、
が良い存在感だなぁと。

半衿は小さいのにホント、
良いシゴトしますよね。

他の半衿と比べると…
こんなに印象が違うんですよ。

 IMG_8428.JPG

 

この日の行き先は国立劇場。
文楽を見てきました。

国立劇場のお庭には
梅の木が8本植えられていて
それぞれ違う色を咲かせていました^^

27750101_10210193625471906_7627043083203263925_n.jpg

 

この日観た作品は
近松 門左衛門の作品集から
心中宵庚申 というもの。

 

近松…って
歴史の授業で名前だけ習っただけでしたが、
ちょうど一年前の
この時期に
初めて文楽を観て
とってもおもしろいなぁ〜と思ったので
また来れてよかったです^^

 

 

季節のコーディネートは
ちょっと入れるだけでも
とても気持ちが豊かになります。

 

ご一緒した方は
きもので季節感に詳しくなると
心に余裕ができる
とおっしゃっていました^^ 

 

この梅鉢半衿のコーディネートでは
Facebookでもたくさん
いいね!とコメントをいただいて
皆さん、嬉しいものなんだなぁと
再確認しました。

 

 


きものは日本女性の最強の勝負服!

和装イメージコンサルタント
上杉 惠理子

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【証拠写真アリ】30年前お母さんが着たきもので、息子さんの卒園式へ

  • ネックレスのような半衿 素材選びのポイント♪

  • 秋に向けての衣更が始まります

  • 真夏に都心をきもので涼しそうに歩ける理由

  • 春といえばピンク!自分に似合うピンクのきものを見つけよう!

  • きものを一番カンタンに春コーデにする方法