1. TOP
  2. 帯揚げと帯締めで、こんなに表情が変わるもの♪

帯揚げと帯締めで、こんなに表情が変わるもの♪

 

こんにちは!
上杉 恵理子です。

 

 

小物を制するものは
きものを制す!!

というわけで
きもののコーディネートでは

 

実は、小物選びが
とっても楽しくて、とっても大事!

 

というお話を
何度かに分けてお届けしています^^

ーー<復習>きものの小物ーー

きものの小物で
まず基本は、この3つ。

半衿(はんえり)

帯揚げ(おびあげ)

帯締め(おびじめ)

機能としては

帯揚げは
帯のお太鼓の帯枕を包み、

帯締めは
帯のお太鼓を支える大事な紐です。

半衿は、きものの下に着る
長襦袢につけた衿のこと。

ーーーーーーー

 

きものの布の分量に比べたら
それぞれの小物が占める分量は
本当にわずかですが
驚きの威力を発します^_-☆

前回の記事では
まずは帯揚げ帯締め
絵の具のパレットのように
ぜひたくさんそろえてくださいね!
とお伝えしました^^

▼前回の記事

https://kimono-strategy.com/?p=1155

 

 

きもの1枚に対し、帯を3本。
そして帯締めと帯揚げを
10セット持っていい。

 

 

 

 

さて、これを実際に
きものと帯に合わせてみます^^

 

 

 

オーソドックスに
ピンク系の帯揚げと赤系の帯締め

FullSizeRender 45.jpg

 

 

 

これを黄色系にすると…

 FullSizeRender 43.jpg

 

 

さらに水色
FullSizeRender 44.jpg

大人っぽくなるのが
伝わりますか??^^ 

 

緑、というのも
意外と合うもの♪
FullSizeRender 46.jpg

 

 

変えたのは小物2点
帯揚げと帯締めだけですが
結構、雰囲気変わりませんか?^^

 

 

 

次は別のきものと帯で
合わせてみましょう♪

 

 

ベタにピンク系の帯揚げに
帯留でアクセント

IMG_7986.JPG

 

黄色系は明るくなりますね^^
IMG_7988 2.JPG

 

 

 

紫にすると
可愛い花柄の帯も一気に
オトナな雰囲気に。
IMG_7987.JPG

 

 

意外とオススメは青。
キレイではっきりした青は
一気にモダンに変えてくれます。

IMG_7985.JPG

 

 

それぞれの色にイメージをのせて
自分で合わせてみると
同じきものと帯でも
ガラリと変わる楽しさが
伝わっていたらとても嬉しいです!^^

 

 

 

そんな帯締めと帯揚げを

揃えるときのポイントについて書きました。▼▼▼

自分の<似合う色>を小物に使うファーストステップ

 

和創塾
〜きもので魅せる もうひとりの自分〜
上杉 惠理子

 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • <式ごと>だけは大事に。

  • 悩んでいるだけから、自分がやるべきことが見えた!〜個別セッションへのご感想〜

  • 最高の第一印象づくり、 色のチカラは欠かせない〜きもので作る、最高の第一印象のレシピ②〜

  • エスコートは感謝を込めて受けましょう

  • そうだ、帯をのせてみよう!〜和装を生まれ変わらせる、最初の1アクション〜

  • 季節感は平安時代から 「素敵な女性」のキーワード〜きもので作る、最高の第一印象のレシピ③〜