1. TOP
  2. アウトドア旅にぴったりの履物 〜MARUGO 地下足袋たびりら〜

アウトドア旅にぴったりの履物 〜MARUGO 地下足袋たびりら〜

おはようございます。
上杉惠理子です。

 

昨日、2019年9月3日は
私の完全オフ宣言!

 

手帳の月間スケジュールページ
9月3日の欄を緑で塗りつぶし

誰とも、自分とも予定を入れない日。
何をするかもその日に決める。

 

 

一人でもどんどん
予定を入れてしまうタイプなので

こんな休み方は私にとっては人生初でした。

 

 

何がしたいかなぁと思っていたら
どうも温泉に入りたい。
しかも山奥に行きたい。
且つ無理なく日帰りで行けるところがいい。

 

 

で。向かった先は…

 

 


奥多摩!!

 

 

東京の一番西端の自治体が奥多摩町。
JR立川駅から電車で約1時間。

車で行けばもっと楽だと思いますが
私はペーパードライバーなもので

ひとりで電車でてくてく。

 

ある瞬間に
ぱあっと山の中を
電車が走っていました。

 

 

私、海より山派なところがあって
山の美しさを見るのが大好きなんです。

 

そうなの、これが見たかった!!

 

みなさま、ここは
正真正銘の東京都でございますよー!!笑

 

 

奥多摩駅から歩いて10分ほど
もえぎの湯という日帰り温泉で
ここでゆっくり浸かってまいりました。

 


▲こちらは建物外の足湯スペース。
 お風呂の中はスマホ持ち込み厳禁ですから。

 

 

この奥多摩温泉は
日本最古の地層 古生層から
湧き出るお湯、だそうで。

 

このお湯の温かさは
地球の熱そのものだぁ〜
(若干加温してるはずだけど)

そうかそうか
私、地球にあっためてもらいたかったのか
と気づいて
ものすごく温泉を味わうことができました。

 

 

川沿いにも降りて
川の水をばちゃばちゃ。

 

ほんっと気持ちいい❤︎

 

しあわせ時間でありました^^

 

こんな一日をありがとう❤︎

 

 

 

で、昨日はきものではなく
ヨギーニのような洋服で行ったのですが
足元は地下足袋で行ってきました。

 

 

岡山の地下足袋メーカー 丸五さんが出した
カジュアル地下足袋
たびりらシリーズの オリーブ色
https://tabirela-marugo.jp/

 

 

ものすごく履きやすくて
洋服のときは愛用しています❤︎

 

 

地面の感覚が足の裏からよくわかる。
川辺の石のゴツゴツが足裏から伝わって
何だかとっても気持ちいい。
しかも足にフィットしているので
むちゃくちゃ安定。

 

 

さすがにこういうアウトドアシーンでは下駄は危ないし
でも普通のスニーカーは履きたくないし
何かないかなぁーと思っていたときに
「地下足袋がいいんじゃない?」
とご紹介いただきました。

 

 

MARUGOさんのオンラインショップもありますが
今年の8月に日本橋にリアル店舗がオープン!

 

 最初はやはり試し履きして
ぴったり足に合うサイズが欲しかったので
お店に伺って選びました。

 

靴のサイズは23cmを選ぶのですが
たびりらを履いてみたらワンサイズ小さい
22.5cmがぴったりでした。 

 

 

 

お店に伺ったときはきものだったので
「ぜひ写真を撮らせてください!」
と、こんな感じで
まるごさんのインスタに
載せていただいております^^ 

https://www.instagram.com/marugotokyo/?hl=ja

 

地下足袋も含め
和の履物は足指が動くように
作られているので
本当に身体に良い。

 

毎朝の愛犬とのお散歩にもぴったり♪

 

 

私が選んだ たびりらシリーズは
普段着や旅向けですが

スポーツする人向けの
トレーニング地下足袋も
とても優秀みたいですよ♪

 

 

気になる方はぜひ日本橋へ!

 

 

和創塾
〜きもので魅せる もうひとりの自分〜
上杉 惠理子

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 現代の白魔女をご紹介させてください

  • 鼻緒を替えて、るんるん気分♪

  • きものも料理も、戦略的だからおもしろい!〜全ての女性にお勧めしたい一冊〜

  • 草履のような「くろだのMy Sole下駄」との出会い〜私の最近のお買い物〜

  • おもてなし、をテーマにお話します

  • 私たちが変わることを待っていてくれる人がいる〜グレイテスト・ショーマン4回目で気づいたこと〜