きもののお悩み

雨ノ日も、これがあれば…♪雨コートの選び方

こんにちは!上杉惠理子です。

きものを着る予定だけど、もし雨が降ったらどうしよう…!

そんな不安をお持ちの方も多いかと思います。今日は、雨の日対策の一つ、雨コートのお話をお届けします。

早速ですが…

雨コートとは、きもの型のカッパです♪

きものや帯が雨で濡れてしまって、シミになったり縮んだりすることを防いでくれます。なので、雨コートは、きものを着始めたら一枚持っておくととても安心です。

自分のサイズに合わせて着られる二部式タイプ

この雨コートには大きく、二つタイプがあります。

ひとつが上下にわかれた二部式。

着るときは、まず裾の方を巻いて、その上から、上半身の方を着ます。

二部式が良いところは、裾の長さを調節できること。

つまり、既製品や譲られたものでもサイズを自分に合わせられること。

お値段もお手頃で、既製品の二部式の雨コートなら3000円程度でネットで買えます。

まずは気軽に用意したい方には二部式がオススメ♪

着るのがとにかく楽ちん♪一体型タイプ

もう一つのタイプが、上下がつながっている一体型。

一体型の良さは、二部式よりが着る手間が少なくて、楽!

ただ、身丈が自分に合っていないと、裾から きものが出て濡れちゃったりします。そしたら雨コートの意味がなくなってしまう!!

一体型を買う場合は、自分サイズで仕立てるのがおすすめです。帯のお太鼓のふくらみを考慮して、きものの裾まで隠れて、さらに雨コートの裾を踏まずに歩ける長さをオーダーしてください。

仕立てとなると、1ヶ月弱、期間もかかるし二部式よりお値段もちょっと上がります。(私のはお仕立て代込みで、2万円弱でした)

一体型の雨コートをすでにお持ちで、身丈がちょっとだけ短い場合は、コートの中で、着物の裾をがばっと持ち上げ、帯の下でたくしあげて腰ひもを結んでおきます。そうするときものが濡れる心配がありません。

きものを着ていて、万が一、雨が降ったら…とどきどき過ごすより、雨コートを一つ用意しておくと安心♪

色柄もいろいろあるので、雨コート選びも楽しんでくださいね^^

雨コートの他に、雨でも歩ける履き物、洗えるきものが、私の雨の日の愛用アイテム。この三点あれば、雨の日でもきものを着ることができています。

雨が降っても大丈夫なように、和装の世界にもいろいろ便利アイテムがあるので、安心してきもの着ましょー♪^^

「こんな時、どうしよう?」「タンスのこのきもの、まだ使える?」きものデビューへのお悩みを、個別セッションですっきりさせませんか?
 ▼▼

個別セッションのご案内 ☑︎ 実家のタンスに眠るきものや帯でもっと垢抜けた着こなしをしたい! ☑︎ youtubeを見てひと...

和創塾
〜きもので魅せる もうひとりの自分〜
上杉 惠理子