1. TOP
  2. ネックレスのような半衿 素材選びのポイント♪

ネックレスのような半衿 素材選びのポイント♪

 

 

こんにちは!

 

きものは日本女性の最強の勝負服!
和装イメージコンサルタント
上杉 恵理子です。

 

 

前回は
きもので欠かせない小物の一つ
半衿(はんえり)
のお話をお届けしました^^

https://kimono-strategy.com/?p=1181

 IMG_8428.JPG

今日は半衿の選び方として
半衿の素材について
お話します。

 

きものの下から
ちらっと見えるだけの
小さな布ですが

半衿を変えると
まるでネックレスを変えるように
楽しむことができます。

 

半衿の布の大きさは
15cm X 90cm

 

素材は
絹、綿、ポリエステル、
レース、麻…
など
いろいろな素材があります。

 

ビーズが縫い付けられた
タイプのものもあります。

 

 

絹やポリ、ビーズなど
光沢感があると
フォーマル、ドレッシーになり、

木綿のように
ナチュラルな素材は
カジュアルきもの向きです。

 

麻は7〜8月の
夏専用ですね^^

 

 

呉服屋さんで
半衿としても売っていますし

ご自宅にある余り布を
15cm X 90cmに
切って使ってもOKです。

 

 

また、手ぬぐい
縦半分に切ると
ちょうど半衿にピッタリな
大きさになります。

 

木綿100%の手ぬぐいは
季節限定のデザインが多く
お値段も1000円前後と手頃なので
カジュアルきものの半衿に
ぜひ使ってみてください。

 

なお、肌が弱く、
化繊素材が首に当たると痒くなる方
絹や木綿など自然素材がオススメ!
気をつけて選んでくださいね。
(実は私も痒くなるタイプです^^; )

 

 

 

次は実践編!
半衿のつけ方をお届けします。

半衿は自分で付け替えよう♪

 

 

きものは日本女性の最強の勝負服!
和装イメージコンサルタント
上杉 惠理子

 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 夏着物は着る人より、見る人のため 〜きものが意外と涼しい理由 その3〜

  • 美しくなることは女性の最高の自信!〜ビシセリア クリスマスパーティ2017に参加しました!〜

  • 【質問】浅草でレンタル浴衣のおすすめは?

  • 自分の<似合う色>を小物に使うファーストステップ

  • きもの美人ってどんな人?

  • きもので7人と一匹の高尾山レポ