きものを戦略的に着こなす

【閑話休題】私がこの日、選んだきもの

 

おはようございます。
上杉 惠理子です。

 

 

先日、3月16日に
起業家・経営者の方向けの
ランチ交流会を開催しまして
昨日、一昨日と
その開催レポをお届けしてきました。

 

今回ゲストにお迎えしたのは
KIMONO PROJECT
イマジン・ワンワールド代表理事
高倉 慶応さまでした。

29216160_10210425143459711_8570261511480541184_o.jpg
▼イマジン・ワンワールドHP
http://piow.chips.jp/piow/

 

 

キモノプロジェクトは
2020年までに
196カ国の国のKIMONOを作り
世界の人を日本でお迎えしよう
とするプロジェクト。

 

私もこのプロジェクトを知って以来
これはおもしろい!!
と、できる範囲で
イベントのお手伝いや
寄付をさせていただいており
一度、ゆっくり高倉さんのお話を
伺ってみたいと思っていたのでした。

 

 

 

 

今日は閑話休題。

 

この日、私が選んだきものを
ご紹介します。

 

 

この主宰をする日に
私が選んだきものはこちら。

29249598_10210425492348433_1850450942533566464_n.jpg

主役は

 

サファリ
というタイトルがついた
アフリカの動物柄です。

 

正面のフラミンゴは
水の中にいるのでしょうね。
29249483_10210425492628440_6026726027034624000_n.jpg

夕日で水面がオレンジに変わり、
水面に映った逆さの草を
描いています。

 

実は巻き方を変えると
別の柄、アフリカゾウが
出てくるんですよ〜♪

 

 

背中には悠々と歩く
キリンと…サイかなぁ?
29249267_10210425492588439_6192954137701777408_n (1).jpg

サイをオレンジ色にすることで
遠近を出していますね^^ 

 

 

プロフィールにも書いていますが
私は学生時代、国際開発の仕事に憧れ
アフリカをテーマに学んでいました。

 

 

私が最初に行ったアフリカ、
ケニアのマサイマラ国立公園で見た
風景そのままの帯です。

 

私がこれを締めていたら
みなさん、話しかけますよね。
「え?アフリカ…ですか??」と。


そう話かけていただいたときに
そうなのです、アフリカが好きで
学生時代には行っていたんです、
と私の話ができる帯なのです。

 

 

私が自分で
「こんな帯が欲しい!」
と誂えをお願いしたのではなく、
あるお店に普通に売っていたので
見つけたときはもう本当に
ご縁だなぁと思いました^^ 

 

 

色も3パターンあったのですが
夕焼けのオレンジを描いた
こちらを選びました^^

 

 

いくら思い出があるとはいえ
洋服ではこの柄は着られません!

 

 

こんな絵を描けるのは
きものだからこそ。

 

 

KIMONO PROJECTの
KIMONOたちも
その国と地域の魅力を
大胆にきものに描きます。

 


直線で布を切り、

直線で布を縫い合わせていく
きものだからこそ

 

きもの1枚、帯1本が
世界を描くキャンバスになる。

 

 

そんなメッセージを込めて
この日の私は
サファリの帯を主役とし
きものは背景となるシンプルなものを
チョイスしました^^

 

 

明日は高倉さんの
お話の続きをお届けします。

 

  

きものは日本女性の最強の勝負服!
和装イメージコンサルタント
上杉惠理子