1. TOP
  2. 浴衣の衿をキレイに見せるちょっとした工夫〜浴衣をオトナ可愛く魅せるもう一手間 その1〜

浴衣の衿をキレイに見せるちょっとした工夫〜浴衣をオトナ可愛く魅せるもう一手間 その1〜

 

こんにちは!
上杉 恵理子です。

 

この記事を書いているのは2018年7月。

浴衣を着るときにもっとオトナ可愛く
素敵に魅せる為のもう一手間をお届けします。

 

 

今日は、衿(えり)問題。

 

 

和装は、後ろの衿(えり)を開けて
後ろの首を綺麗に見せると色っぽくて素敵❤︎
着ていても涼しいしね♪

 

 

ですが、浴衣を着ると
「衿がキレイに後ろに抜けない…」
「衿がふにゃふにゃになる…」
と後ろの衿が気になることありませんか?

 

 

こちら我が家のトルソー
かさねちゃん。

 

 

 

 

普通に浴衣を着ると、こんな感じ。
▼▼▼

 

うーん。。微妙。

ふにゃふにゃするし。
あまり抜けないし。

 

 

きものの場合
長襦袢の半衿に、
衿芯(えりしん)という
衿の形をキープする芯を入れますが

 

浴衣スタイルで
浴衣1枚で着るときは
長襦袢を着ないので
衿を支えてくれるものが無いのです。

 

 

これが衿芯。
きもの屋さんで300円前後で売っています。
▼▼▼

 

プラスチックのもの
メッシュタイプのもの
硬さ、厚さがちょっとずつ違います。

 

 

浴衣を着るときに
支える衿芯がなければ

衿がキレイに抜けないのは
そりゃ、とーぜんっ!!です^^

 

 

なので、浴衣1枚で着るときのおすすめは
直接、浴衣に衿芯を入れること!

そのために一部糸を解きます。

 

この糸を解く場所がポイント。

掛け衿(かけえり)の
内側の左右どちらか1箇所。

 

 

浴衣やきものの衿は
よーく見ると
実は2枚付いています。

 

メインの衿の上に
その半分くらいの長さで
もう一枚布が付いているはず。

 

これが、掛け衿(かけえり)。

共衿(ともえり)
と言うこともあります。

 

この掛け衿の
表側ではなく裏側
左右どちらか1カ所だけ
糸を解きます。

(解いた糸は最後
 玉止めしておいてくださいね)

 

 

*掛け衿がよくわからない…!と思ったら
詳しく説明くださっている和裁士さんの
記事をご紹介しますね!
https://bit.ly/2GlpsvV

 

 

間違えて掛け衿の下の
大きな衿の入り口を解かないように!

 

そして、スススッと
衿芯を入れれば完了です^^

 

 

キレイ〜〜♪
安定〜〜〜♪
うれしい〜〜〜♪

 

 

 

プラスチックを入れるので
着心地はちょっと落ちますが
衿がキレイに抜けて
女性らしさが増すので
気持ちはアガリます♪

 

 

浴衣を着るときに
ぜひお試しくださいね!!

 

次回の記事も浴衣の衿をキレイに見せるポイントをお届けします♪

もう一つ、衿をキレイにするために 〜浴衣をオトナ可愛く魅せるもう一手間 その2〜

 

和創塾
〜きもので魅せる もうひとりの自分〜
主宰 上杉惠理子

 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • あなたの<新しい働き方>へのヒントがつかめるイベントのお誘いです

  • 帯を変えれば、輝きを取り戻す

  • 【R18指定】【男子禁制】浴衣の季節はまだまだこれから!

  • 思い出の浴衣が、一瞬で垢抜ける!

  • 猫柄浴衣の着こなしポイント!〜猫端会議で登壇させていただきました♪〜

  • 【実施レポ】浴衣のお買い物コンサルに行ってきました♪