1. TOP
  2. 【きものの魔力/終わりに】タンスを開けろ。きものを着ろ。そして人生を、世界を変えよう

【きものの魔力/終わりに】タンスを開けろ。きものを着ろ。そして人生を、世界を変えよう

こんにちは!

 

想いから始まるマーケティング戦略コンサルタント、
和装イメージコンサルタント
上杉 惠理子です。

 

 

さてさて。
きものの魔力の連載も今回が最終回です♪

ーーーー

上杉presents
5月連載『きものの魔力』

Day1
きもので 何でもない日が最高の自分磨きになる
https://kimono-strategy.com/?p=3670&ayaya

Day2
きもので 自分の身体を味方につける
https://kimono-strategy.com/?p=3676&ayaya

Day3
きもので 時と空間を超えて 自分の世界を広げる
https://kimono-strategy.com/?p=3679&ayaya

Day4
きもので 得た出会いがあなたの夢を加速する
https://kimono-strategy.com/?p=3688&ayaya

Day5
きもので 「人生の主役」に躍り出る
https://kimono-strategy.com/?p=3690&ayaya

終章
タンスを開けろ。きものを着ろ。そして人生を、世界を変えよう

ーーーー

 

今日はこちら。

 

終章
タンスを開けろ。
きものを着ろ。
そして人生を、世界を変えよう

 

 

 

2017年12月。
起業家として、一人の人間として
あらゆることに行き詰まり
突破口を模索していたときに
DRSという3日間の体感型セミナーに参加しました。

 

生き方が変わる
素晴らしい3日間でした。

このときの、あるワークのなかで
初対面の他の参加者さんから
こんな言葉を言われました。

 

 

「あなたの きものは
あなたの 鎧のようだ」

 

 

 

そのとき私は
図星、だと思いました。

 

 

やっぱり伝わるんだなぁと
ものすごく腑に落ちました。

 

 

私が24歳で交換留学から戻ってきて
きものを着はじめてから
もうすぐ15年になります。

 

 

最初の頃は
きものを着ることで
周りの人から褒められる、認められる、
<承認>されることが嬉しくて仕方なかった。

 

それまで、普段の生活で自分は
世界の黒子だと思ってましたもの。

 

それはそれで
私に前向きな大きな変化を
与えてくれました。

 

 

 

そして次の段階が
自分をガチガチに守るもの
として きものを着ていた段階でした。

 

 

天職が欲しい
オリジナルビジネスを持ちたい
起業のテーマが欲しい

会社員時代、私はこう渇望していましたから
「きもので起業できる!!!」と気づいた時は
これで自分の軸が見えた、天職に出会ったと
本気でホッとしたんですね。

 

 

うまくいこうがいくまいが
きものだけは手放さない
と思い込んでいました。

 

私からきものを取ったら
何も残らない
と本気で思っていました。

 

きものは、
私がオリジナルの私で在るために
絶対に必要なものだと思い込んでいました。

 

これがガチガチの鎧として
まとっていた状態。

 

2017年12月頃は
そのガチガチ感が
完成した頃だったと思います。

 

 

そして今
2019年5月時点。

 

 

きものじゃなくてもいいんだけど
やっぱりきものが
一番自分の良さを引き出し
一番自分を高めてくれるなぁ〜
と思って きものと付き合う段階にいます。

 

 

ますます
きものが愛おしい。

 

きものを愛することが
自分を愛することに
直結している。

 

 

きものは、
首、袖口、袖振、身八つ口、裾…と
8つの口が開いている衣裳なのですが

その8つの口から
自分の内側からのエネルギーが
いい感じで放熱している。

 

 

私は15年かかって
やっとこの段階にきました^^

 

 

私が大好きな
ココ・シャネルの言葉があります。

 ファッションは、
着飾るものではない。
 着る物を選ぶということは、
 自分の生き方を選ぶことだ。
      —  ココ・シャネル

 

 

きものを着さえすれば
すごいチカラが起こるように
この数日間、この連載を書いていましたが
やはり きものもツールです。

 

使い方によっては
人に承認を求め、
「くれ、くれ」の生き方が出ます。

 

ちなみにこれは
一部の人からはものすごく好かれ
一部の人からはものすごく嫌われます笑
そしてこれが結構こたえます。
(体験済み)

 

 

また、使い方によってきものは
人を寄せ付けず、
自分への親身なアドバイスも遮断する
鎧にもなります。

 

 

 

 

どちらの道も歩んだからこそ
私が今伝えたい【きものの魔力】は
内にある自分の源泉を引き出し
外に表現していくための きもの。

 

 

 

シャネルも言っているように
装いには生き方が出ます。

 

ということは
装いを変えることは
生き方を変えるキッカケになります。

 

 

しかも きものは
自己表現の幅が広がる色柄があり、
1000年以上の歴史の中で育まれてきた
想いがこもった衣裳。

 

 

風水的にもエネルギー循環がよく、
高い波動を周りの人に伝えられるのだとか。

 

底知れぬチカラを持つ
【きものの魔力】

 

使い方次第では何も意味をなさない
【きものの魔力】

 

私は皆の人生が豊かに
想いを実現していくために
【きものの魔力】を使っていこうと
お伝えしていきたい。

 

 

それが
私が主宰する

和創塾
〜きもので魅せる もうひとりの自分〜

のミッションそのものだと確認しています。

 

 

まずは、タンスを開けろ

まずは、きもの 着てみろ

 

 

 

それが
あなたの世界を変える
第一歩です。

 

 

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

 

 

想いから始まるマーケティング戦略コンサルタント、
和装イメージコンサルタント
上杉 惠理子

 

 

きものに、チャレンジしてみたい❤︎

という想いをお持ちの方へ。

お役立ち個別セッションはこちらから▼▼▼

<個別セッションのご案内>

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 装いへの自信が2倍になる! 魔法の質問〜きもので作る、最高の第一印象のレシピ⑤〜

  • 夏のきものが冷えから身体を守ってくれる 〜きものが意外と涼しい理由 その4〜

  • 見た目は大和撫子、話すと情熱的で男前!?業界初・和装イメージコンサルタント 上杉惠理子とは何モノ!?

  • ネックレスのような半衿 素材選びのポイント♪

  • たった1枚のきものがあなたの人生を彩る

  • 和の文化は深くて広い 〜和の美を遊ぶ会で、林家たい平師匠の落語を楽しんできました〜