【実施レポ】セミナー・コンサルティング・イベント

タンスを開けにどこへでも♪/タンス開きコンサルのご感想

こんにちは!上杉惠理子です。

私が主宰する和創塾には、個別コンサルが3回付いています。

「コンサルでは何をするの?」とご質問をいただくのですが、何でも好きな内容で私 上杉を使っていただけます♪

その人その人によって、いろんなことをするのですが、ご要望が特に多いのが

ご自宅やご実家に伺ってのタンス開き

きものが眠るタンスを開ける1日コンサル。交通費実費をご負担いただければ、地球上どこでも伺います❤︎

2019年2月。和創塾塾生で、和髪プランナー 古宇田 枝里さんのご自宅のある群馬県・桐生に行ってきました。

私も人生初めての桐生!早起きして日帰りで行ってきました。

そのときのご感想を枝里さんご自身のメルマガで書いてくださったので、シェアさせていただきますね!!

〜〜〜ご感想ここから〜〜〜

素敵なお着物姿で!なんと~ 和創塾主宰の上杉 惠理子さんが、桐生に来てくださったのですよ!!

今回の目的は、我が家のタンスで眠る着物たちを、どうにかしてもらうために、笑。

祖母や母から受け継ぐ着物たちを、どうしたらいいのーーー??助けて~、笑。

「タンス開けちゃいますよ、笑」と来てくださいました。

先ずは着物を知ることから。ひとつひとつ丁寧に記録します。

ノートに??いえいえ、アプリに、笑。

この子(着物)は、どんな時に?
この子(着物)は、一軍入りね!

もはや愛がありすぎて、着物は、かわいい子、笑。

大切にするためにはね、優しく正しくたたむこと。

着物は、気持ちがいいほど、ピタっと合わさりますよね!ガサツ女子な私は、「落ち着いて!!」と、ご指導をいただきながら、笑。

たくさんの事を学びました!!

これからの、小物コーディネートとかもね!!

お昼ご飯は、同級生のうなぎ屋「泉新」さんへ。


落ち着く和空間で美味しく完食、笑。

上杉さんより、ちょっとしたお食事マナーを教えていただき、和装でも恥ずかしくない食べ方って、美しい!と感じました。

知識豊富で、着物はもちろん、先輩女性起業家としてたくさんのお話を聞かせていただき貴重な時間となりました。

遠くまで、本当にありがとうございました。

どうしてだろう??一緒にいるとなんだか元気になれちゃう〜

初めてお会いした時から、素直になれた。

うん、きっとね、上杉恵理子さんって女性が!!そうさせてくれる・・・そんな器の大きいお方!なのですよね。

また桐生に来てくださいね~!

和髪プランナー
古宇田 枝里さん

枝里さんの二度見される着物美人を作りだす「べっぴん和髪塾」メルマガはこちらから!
https://www.agentmail.jp/u/beppinwahatsujuku/fp/14505/1/

〜〜〜ご感想ここまで〜〜〜

枝里さん、素敵なご感想をありがとうございました!!

枝里さんのご実家は、桐生天満宮前で3代続く美容室。おばあちゃん、お母さんもおきものがお好きだったとのことで文字通り、山のようなきものたちでした…!!

この日の個別コンサルでやったことは

✔︎ きもの、帯 一点ずつ種類を確認して写真を撮る

✔︎ 撮った写真をおきもの帖にまとめていく(今回はアプリ)

✔︎ たたみ方を徹底特訓! (きものの収納はたたみ方が命です♪)

✔︎ きもののサイズの測り方を知る

✔︎ 着る頻度に合わせて収納を分ける
 
✔︎ 「一軍」のきものと帯をコーディネートし写真に撮ってイメージを作る

…と盛りだくさん!!

ランチを挟んで一日掛かり…!!お疲れ様でした!!

これだけでも和創塾に入った価値があると言われる個別コンサルです^^ 

枝里さんの場合は、これから一年着る頻度が多い「一軍」色柄が合わずそんなに出番が多くなさそうな「二軍」、とっておきのお祝いシーンで着る礼装
と、3つに分けて収納し、コーディネートづくりを行いました。

数が多すぎて「一軍」「二軍」と分けましたが、どれも素敵なきものたちばかり。

ひとつひとつ触れて、たたんでいくうちに、きものそのものが元気になってきて本当に愛おしくなる。

何が入っているのかわからず、なんとなく心の負担になっていた家の片隅のきもののタンスが宝箱になる。

残してくれたおばあちゃんやお母さんに、<ありがとう>の気持ちが溢れてくる。

そんな変化を感じるタンス整理の個別コンサルは私自身、大好きな時間です。

片道3時間ちょっと。早起きして桐生まで伺った甲斐がありました^^

日本中のタンスには宝の山のように、膨大な きものたちが眠っています。

その数、きものと帯合わせて8億点、40兆円相当との数字も。

きものは人間と同じくらい寿命が長いので、本当に現役の状態で眠っているものが多いのです。

そして、数十年前のものの方が糸が良い、染料が良い。職人さんの腕が良い。クオリティが良いのです。

私たち現代の日本女性にとってきものは素晴らしい財産のひとつで、私たちだからこそ、本来のきものたちの価値に立ち戻り再び生かすことができるのだと思う。

こんな仕事ができることを私は本当に幸せに感じています^^

きものが眠るタンスをお持ちの方!和創塾でそのきものたちの価値を
生かしていきましょう^^

▼枝里さんも参加されている和創塾はこちら▼

【受講案内】和創塾 〜きもので魅せる もうひとりの自分〜 新規入塾特典 10%プレゼント還元 受付中 コロナ禍できもの専門店も大変な時期。生徒さんはもちろん、お店の皆さんにも少しでも元気にな...

和創塾 〜きもので魅せる もうひとりの自分〜 主宰 上杉惠理子