1. TOP
  2. 「似合う」を選んだら、自分を「好き」になる。

「似合う」を選んだら、自分を「好き」になる。

 

こんにちは!
上杉 惠理子です。

 

 

 

 

前回の記事では
個別セッションにいらした方の疑問

 

「似合う」ものを装うことは
自分の「好き」「心地よい」よりも
周りの人目線
で選ぶことなの??

 

というお話をお届けしました。

 

 

 

「似合う」
とは、周りの人が見て

調和が取れていると感じる状態です。

 

「好き」と「似合う」は
考え方が基本から違うので
「好き」なものと
「似合う」ものは違うことが多い。

 

 

 

例として、
私は洋服では「好き」な色は
黒やワインレッドなどかっこいい色。

パーソナルカラーで
ウィンターの色が憧れで
ピンクのワンピースなんて無理!
と思っていました。

 

私のBefore.jpeg

 
 

ですが、
私の似合う色は
パーソナルカラーでスプリング。
まさに春の花のような
ピンク、黄色、オレンジ…

 

今、きものでは
よく着ている色です^^ 

13645145_10206059497881300_3903412005738081776_n.jpg

  

 

 

「似合う」を優先することは
 自分の「好き」よりも
 人に合わせることなのか

 

 

 

あなたは
どう思いますか??

 

 

 

 

私は、「似合う」を知り
取り入れることは

 

自分の可能性を
広げること

と、思っています。

 

 

今まで黒ばっかり着ていた私は
このピンクや黄色も似合うとわかり
受け入れられたら
装いの幅がグーンと広がりました。

 

サーモンピンクや
クリーム色のきものを着ている私を
私は好きです。

 

 

写真を見ても、
鏡に映る自分を見ても

イケてるじゃん、私!
と嬉しくなりましたもの^^

 

 

外に出たら
洋服では褒められたりしないのに、
ベストカラーのきものでは
むちゃくちゃ褒められました。

 

 

レストランのスタッフさんや
信号待ちで隣に立っているお母さん

知らない人からも
「お似合いですね、きもの」
と褒めてもらえて
本当に嬉しかったんです^^

 

 

 

それまでまさに
黒子のようだった自分が

目を留めて
もらえている

ここにいる私を
認めてもらえている

と、私の承認欲求を
満たしてくれるものでした。

 

 

「似合う」装いがわかったら
 自分を「好き」になれた。

 

 

なので

 

✔ 今、着ている服の色が
 なんとなくしっくりこない。
 他の色も選んでみたいけれど
 何を選んだらいいのかわからない。

 

✔ 「好き」なものを感覚で
 選んできたけれど
 せっかくなら「似合う」もので
 もっと幅を広げたい

 

今まで着たことな色や柄でも
 似合うなら安心して
 チャレンジしてみたい

 

✔ 似合う装いをすることで
 自分に自信を持ちたい

 

✔ 普段は「好き」なものでいいけれど
 初対面の方に会うときや
 仕事繋がりの方と会うときは
 「似合う」装いで
 印象を良くしたい

 

 

 

と、いろいろな理由で
もっと素敵になりたい!!
と思いがあるなら

 

イメージコンサルティングの手法で
「似合う」を見つけて
取り入れてみてほしいと思います。

 

 

 

「似合う」も取り入れることで

装いも
人生も

今よりさらに
豊かにすることができる

と私自身の体験から
確信しています。

 

 

 

もちろん、
似合うかどうかよりも
「好き」を貫く
という選択もアリです。

 

 

それはその人の
選択ですから^^

 

 

選ぶのは、私たち自身。

 

 

 

あなたは
何を選び、装いますか?

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

きものは日本女性の最強の勝負服!きものイメージ戦略レッスンの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きものは日本女性の最強の勝負服!きものイメージ戦略レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 『なんで着物なんですか?』 これを尋ねた男性には、 心の中でパンチを 一発入れたくなりました

  • タンスに眠る帯のストーリー

  • 身八つ口があるから涼しい 〜きものが意外と涼しい理由 その1〜

  • 自分の<似合う色>を小物に使うファーストステップ

  • レストランでも、イベントでも、きものを着こなすだけでVIPになれる!

  • あなたが笑顔になる1アイテムを用意する〜きもので作る、最高の第一印象のレシピ④〜