1. TOP
  2. 誰でも失敗なし!きもので秋色を取り入れる場所はココ!

誰でも失敗なし!きもので秋色を取り入れる場所はココ!

 

こんにちは!
上杉 惠理子です。

  

3回にわたって
きもので<秋>を取り入れるための
メールレッスンをお届けしています。

 

ーーーーー

<私らしい秋きものレッスン 入門編>

Lesson1: 
秋色ワードに惑わされるな!
すべての人がカーキが似合うわけじゃない

 

Lesson2:
誰でも失敗なし! ←今日はココ!
きもので秋色を取り入れる場所はココ!

 

Lesson3:
きものだからできる!
もっと<秋>を装いにプラスする方法

ーーーーー

 

ファッション誌を見ると
秋だから、
カーキだ、茶色だ、ボルドー
秋色を着よう!」

メッセージが増える時期です。

 

顔まわりにくる
きものの色を<秋色>にすると
似合う人は限られます、
というお話を
昨日お伝えしました。

 

 

基本は秋でも春でも
自分の似合う色群
パーソナルカラー
の中で選んでOKです^^

 

では、きもののどこに
<秋色>

入れるのかというと…

 

周りです。

 

特に、
帯揚げ(おびあげ)と 
帯締め(おびじめ)です。

 

 

帯揚げは、
きものを着て正面から見たとき
帯の上にちょこんと見える布

帯締め
やはり正面から見たときに
帯の中央に締めている紐

 

着姿全体の中では
わずかなボリュームですが
実はこの二つの小物には
計り知れないパワー
があります!!^^

 

 

秋色を入れるなら
帯揚げと帯締めに入れるのが
カンタンで、
間違いがなく、
コスパが高い!!

 

たとえば

パーソナルカラーのきものに
季節を問わない花柄の帯。

 IMG_7590.JPG

 

 

9月は黄色で
色づきを表現し

IMG_7592.JPG 

 

 

10月、秋が深まりとともに
帯揚げをオレンジに変え
IMG_7593.JPG

 

 

11月は、木の実の色のような
こっくりとした色に。
IMG_7594.JPG

 

 

ちなみに、これが5月末
暑くなりつつある季節なら
水色で涼しさを足す
というパターンもできます。

IMG_7591.JPG

 

 

かなり印象が
変わりませんか??^^

 

 

全身のきもので使うと
重くなって地味になる色でも
帯揚げと帯締めだけなら
ちょうどいいアクセントになります。

 

きもので季節色や流行色を
取り入れようとすると
それこそお金が
いくらあっても足りません!笑

 

 

ですが
帯揚げ、帯締めなら
1点1000円程度からでもあるので
チャレンジしやすいですよね!

 

きものでおしゃれを楽しむなら
数を集めるのは
きものではなく、小物から!

 

秋色を足すのも
きものではなく、小物から!

 

 

自分に似合うきもの
   X
季節のこだわりの小物

が、
きものを着こなす
きもの美人の鉄則!

 

ぜひチャレンジしてくださいね^^

 


きものは日本女性の最強の勝負服!
和装イメージコンサルタント
上杉 惠理子

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【新年ランチ会開催レポ3】みんなの今年のテーマを聴く

  • 2018年のMyベストきものコーデ

  • 今の浴衣コーデで、アフタヌーンティーに行けますか?

  • きものを着こなせることが 新しい「特技」に♪

  • トリのうちに、イヌを迎える準備!〜お正月のきものの着こなし〜

  • レストランでも、イベントでも、きものを着こなすだけでVIPになれる!