1. TOP
  2. 40年前の写真付/お祝いの席を彩る訪問着

40年前の写真付/お祝いの席を彩る訪問着

 

 

こんにちは!
上杉惠理子です。

 


youtubeに「和創塾チャンネル」を作りまして
ステイホームをきっかけに
できるだけ毎日一本、動画を更新しています。

 

タンスに眠るきものや帯を生かして
自分を表現する着こなしができるように
ワンポイントをお伝えしている
youtubeチャンネルです。

 

昨日、2020年5月2日は
こちらをアップしました。

【今日のきもの013】
お祝いの席を彩る40年前の訪問着
動画はこちらから>> https://youtu.be/NJxtZlEhRM0

 

 

 

光の当て方で
色味がだいぶ変わりますが
鮮やかな山吹色の訪問着です。

 

 

柄は葉っぱにお花に竹…かなぁ?
そしてところどころ
葉っぱやお花を金の刺繍で
キラキラ縁取りをしています。

 

 

動画の中でもお話したのですが
なぜこのコーデを着たかというと
こちらの写真を見つけたからなのです^^ 

 

22〜23歳頃の母〜❤︎

 

この山吹色の訪問着は
40数年前、和裁士をしていた母が 
自分で仕立てた訪問着なのです。

訪問着を自分で全部仕立てたのは
これが初めてだったそう^^

 

 

写真は母がお友達の結婚式に
出席したときのもの。
総絞りの帯揚げで
袋帯は飾り結びで
髪型もばっちりセットして。

 

かわいい〜〜〜*^^*

 

 

ざっと40年以上前のものですが
昔のきものは質が良いと
言われるその通りで

色鮮やかに
生地もしっかりしているし
金の刺繍に綻びひとつありません。

 

 

ほんっと
きものってすごいなぁ…
きものって長生きだなぁ…
とため息が出ます。

 

お花よりも葉っぱの印象が強く
竹の直線も効いていて
可愛い印象になりすぎないため
今もコーディネートしやすい訪問着です^^

 

 

この袋帯も40年前のまま。
シルバーの地に
熨斗のイメージでしょうか
曲線のラインが数色入っている。

 

 

同じきもの・帯ですが
帯揚げと帯締めを変えると
本当にガラリと変わりますね。

 

また、私は半衿を
真っ白ではなく
ほんのりクリーム色にして
衿が白浮きしないようにしています。

 

 

とはいえ
この訪問着はザ・お祝い用。

 

私もこれまでに着たのは
・友人の結婚式
・和創塾の新年ランチパーティ
・某ホテル宴会場で開催された
某法人さんの周年パーティ

…と10回もありません。

 

今回2年ぶりくらいに
着た気がします。

 

 

なかなか登場シーンが少ないのですが
特別なお招きをいただいたときなど
いざというときに

とても心強い一枚。

 

そして、40数年前に
母の手で仕立てたまま、
母のぬくもりが残る
お守りのような一枚です^^ 

 

 

 

みなさまのタンスの中にも
素晴らしいお守りになる
きものや帯がきっとあるはず。
ぜひお時間を見つけて
まずはタンスの外に出してあげてください^^ 

きものたちもきっと喜んでくれます❤︎

 

 

和創塾
〜きもので魅せる もうひとりの自分〜

上杉 惠理子

 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 名古屋で出版記念イベントを開催しました!

  • <和コラかふぇ>で、お会いしましょう!

  • 勝負服でまいります。

  • 何できものにしたの?

  • 日本の四季はスゴイ!…とアフリカで気づいた

  • 2020年きものはじめは、大浮世絵展へ