1. TOP
  2. 【オススメの本】読むと、きものが着たくなる小説『喋々喃々』(小川糸著)

【オススメの本】読むと、きものが着たくなる小説『喋々喃々』(小川糸著)

 

 

こんにちは!
上杉 惠理子です。

 

このブログを

お読みくださっているあなた

これから、きものを着れたらいいなぁ
と思っているときでしょうか。

 

今日は、一冊の
小説をご紹介したいと思います。

 

小川 糸著
『喋々喃々』

IMG_5926.JPG

タイトルは
「ちょうちょうなんなん」
と読みます。

 

東京の谷中で
アンティークきもの店をやっている
20代後半の女性が主人公。

彼女の、
とある1年を描いた小説です。

 

 

舞台は谷中を中心に
上野、浅草

東京 台東区の
いわゆる、下町エリアです。

 

 

小説に描かれるのは …

 

季節のきもの

下町の美味しい食べ物

ちょっと微妙な家族関係

人情あふれる人たち

 

そして、大人の恋。

 

 

初釜のお茶会に着ていく
きものを探しに
ある男性が
主人公のお店にやってくる日から
物語はスタートします。

 

 

彼は左手の薬指に
きらりと指輪が光るひとなのですが

美味しいものを分かち合いながら
ひと月、ひと月
ふたりの関係は変わっていきます。

 

 

そして、
ひと月、ひと月
主人公が着るきものと
コーディネート
とても素敵なのです。

 

↓ 例えばこれは春の初め
ーーーーーーー
あれこれ迷った末に、結局今日は、
落ち着いたグレーのお召しに、
いろいろな花の模様が刺繍された
黒い綾子の帯を選ぶ。

梅が焼きもちを焼くといけないので、
半襟にだけさりげなく
桜を取り入れてみる。

きものの世界では
何でも季節を先取りするから、
例えば、梅の季節に梅の柄を
合わせるのは無粋とされる。

本物の梅の美しさには、
どう背伸びしたって敵わない。

ーーーーーー

 

 

作者の小川 糸さんご自身も
きものが好きな方で
さすがの描写。
季節のセンスを学ぶ
最初の一冊として最高です。

 

きもののことを全く知らなくても
とっても楽しめるお話ですし、
読むと、きものが着たくなること
間違いなし^^

 

 

 

私はこの本を最初に読んだのは
2014年でしたが
小説のきものの描写が素敵すぎて
ため息つきながら読んだことと、
当時の自分の恋愛状況に重ねて
わんわん泣いたことを覚えています笑

 

 

今、この小説は、
私が主宰する
ジャパネスク・レボリューション
和装女性育成塾の課題図書の1冊で、
講座の中でもよくご紹介します。

 

 

数日前に、ちょうど谷中と
上野の不忍池に行ってきまして

 

▼谷中銀座の商店街

IMG_5927.JPG 

IMG_5892.JPG

▼上野の不忍池
IMG_5878.JPG

20770203_10209034063123572_4088997786908914050_n.jpg

 

昨夜久しぶりに最初から読んでみたら
やっぱりおもしろくて
徹夜で読みそうでした!笑
(ガマンして寝ました笑)

 

 

 

きものを着て
谷中から上野、浅草へ
『喋々喃々』の世界を
お散歩するんだ!

というのも
きものを着る、
立派な目標になります^^

 

 

ぜひお読みになってみてください^^

 

きものの世界への一歩目に
ぴったりの一冊

読むだけで
きものが着たくなる一冊です。

 

 

 
きものは日本女性の最強の勝負服!
和装イメージコンサルタント
上杉 惠理子
 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【オススメの本】妊婦さんでも、きものは着られる!

  • きものはカップラーメンではなく、家庭料理〜きもの やまと矢嶋孝敏会長のお話を伺ってきました〜

  • きものも料理も、戦略的だからおもしろい!〜全ての女性にお勧めしたい一冊〜

  • 映画『花戦さ』レポート 〜映画、小説、それぞれに〜

  • 【書評】千利休のアタマがわかる小説 〜『接客は利休に学べ』〜

  • やまと会長の講義、うらやまし〜〜〜!でした!【読者さんからのご感想】