1. TOP
  2. ウツクシクお箸を箸袋から出す!〜2018マナーレッスンレポート〜

ウツクシクお箸を箸袋から出す!〜2018マナーレッスンレポート〜

 

 

おはようございます。

和装イメージコンサルタント
上杉惠理子です。

 

 

 

 

7月の七夕に開催した
チャリティランチPartyで
ご協賛プレゼントをいただいた

 

心遣いの演出家
折田 安紀さんからの

日本料理をいただきながら学ぶ♪
プライベートマナーレッスン

 

明治記念館の
日本料理「花がすみ」さまでの
会席料理のランチをいただきながら
お箸やお懐紙などの使い方を学ぶ
とっても贅沢なお時間♪

まだ残暑厳しい9月10日に
明治記念館に行ってまいりました^^

41430497_277445579744435_5413998386200182784_n.jpg
右から折田先生、
中央がプレゼントに当たった生徒さん、
左が主催特権で参加した私。

 

私は昨年に引きつづき
今回2回めの折田先生の

プライベートマナーレッスンだったので
前回の復習〜〜♪余裕〜♪
と思って伺ったのですが…

 

びっくりするほど
忘れていたーーーーー!!!

1回レッスンで学んだだけでは
全部身につかないんだなぁと
思い知らされました…!!

 

というわけで
今年2018年版の
プライベートマナーレッスン
レポートをお届けします。

 

今日は1回目。

 

〜〜・〜〜〜・〜〜
ウツクシク
お箸を箸袋から出す!
〜〜〜〜・〜〜・〜

41406723_2134647100127015_3876201443404808192_n.jpg

 

 

お席に着くと
折敷の上にお箸 など
それぞれご用意くださっています。

 

折敷は「おしき」と読みます。
お盆のようですが
お盆のように器を運ぶものではなく、
ランチョンマットのように
会席料理で使うもの、ですね。

 

箸置きに置かれた
箸袋に入ったお箸。

 

さぁ、どうやって
お箸を出しますか??

 

言葉で書いても分かりにくいので…

早速、折田先生の動画をどうぞ!!
 ▼▼▼
スクリーンショット 2018-09-28 8.21.41.png

https://youtu.be/oeJ01Lj5diM

(youtubeのサイトに飛びます)

 

<箸袋からお箸を美しく取り出す!>

① 右手で箸袋を上から持ち上げ
 左手で下から添える

 

② 右手を持ち替え
 右手でお箸を下から持って
 右に少し引き出し

 

③ 右手を持ち替えて、
 お箸を上から持って全部引き出し
 そのまま右手でお箸を箸置きに置き

 

④空の箸袋は、折敷の外に
 縦に置いておく
(この箸袋はまた最後に使います)

 

つまりポイントは

お箸を引き出すときに
1回で一気に引き出すのではなく
下からちょっと引きだし
上から残り全部引きだし
…と2手使う

 

お箸をまず置いてから
箸袋を両手で折敷の外に置く

これがポイントですねー!

 

私、2回目のレッスンだったのに
全然覚えてなかったんですよーー。。

今日、このメルマガを
書きながら復習しています笑

 

ぜひやってみてくださいね!

 

 

きものは日本女性の最強の勝負服!
和装イメージコンサルタント
上杉 惠理子

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 江戸時代の「火サス」文楽を見てきました。

  • 男モノと女モノ、違いは何ですか?

  • きものを着こなす自分のイメージができた!【個別セッションへのご感想】

  • 【2017年振返り】今年の 観劇・鑑賞モノまとめ

  • 【新年ランチ会開催レポ 1】今年も「空中のサンクチュアリ」へ!

  • 今年もマナーレッスンを受けてまいりました♪