1. TOP
  2. ピンからキリまで!きもの値段の謎を紐解く 〜価格から見えるもの〜

ピンからキリまで!きもの値段の謎を紐解く 〜価格から見えるもの〜

 

 

こんにちは!


和創塾
〜きもので魅せる もうひとりの自分〜
主宰 上杉惠理子です。

 


先日、和創塾 生徒さんたちと
ショップツアーで浅草にて♪

 

 

 

今回は
きものの値段をテーマにお届けします。

キッカケは
私の和創塾の生徒さんから届いた、
こんな質問でした。

 

えりこさーん

 

素朴な質問です!

 

新品の、絹の帯と言っても
何十万円もするものから
1〜2万円くらいで
買えちゃうものまであるんですね。

 

帯といっても、
なんでこんなに

値段が違うんですか?

 

 

ピンからキリまで値段に幅がある、きものの世界。

きものビギナーさんが
パッと見るだけでは
なんでこんなに違うのか、疑問に思うのは当然です。

 

きものや帯の値段が変わるポイントは大きく、

1. 原料の違い

2. 作り方の違い

3. 流通での違い

と3つに分けられます。

順番にお伝えしていきますね!

 

 

何でできているのか?
価格に直結する ”原料”の違い

 

まず、そのきものや帯が
何で作られているのか

1. 原料の違い 

をまとめてみます。

 

1)素材、が違う

きものの素材、
というと
何を思い浮かべますか?

 

多いものは、絹。

 

ですが、お値段手頃で、お手入れもしやすいよう
ポリエステルのきものや帯も
今、たくさん出ています。

木綿やウール、麻
絹よりはずっと安くなります。

 

まずは素材が絹以外
きものの値段は大きく変わりますね。

 

 

2)糸の産地、が違う

 

きものや帯の素材で
一番使われるの高級素材、絹。

学校の歴史の授業で
習った方も多いかと思いますが
日本では明治・大正時代まで
絹糸(生糸)が主力の輸出製品でした。

そんなに作っていたのですね。

 

ですが
今、
日本で流通する絹のうち

日本国産の糸が占める割合
どれくらいかご存知でしょうか?
和服も洋服も含めてですよ。

 

 

1〜2%程度
だそうです。

たったの。

 

 

今、絹の産地は
中国とブラジルが
ほとんどなんですね。

 

きものや帯を手にとって
糸の産地が表記がされていなければ
絹糸はまず外国産です。

 

 

日本の国産糸を使っている場合
ブランドになるので
必ず表記がされ、値段が高くなります。

 

「日本の絹」
というマークもあります。

 

▼純国産はこちら。

silk1_im02.jpg

 

 

 

「純国産」と書いていない
日本の絹マークもあり、
こちらは海外産の糸を
日本で加工していると言う意味です。
silk1_im03.jpg

 

完全国産の絹糸って
本当に貴重なのですね。

 

 

 

3)糸のつくり方、が違う

絹糸はお蚕さんの繭から
糸を引き出します。

 

繭から糸にするとき
これが機械なのか
それとも昔ながらの手仕事なのか
これでも値段は大きく変わります。

 

結城紬という
有名なきものの織物があります。
茨城県・栃木県あたりが産地で
すっきりした着姿になるのに
ふわふわな素材感で暖かいきものです。

 

結城紬は
重要無形文化財指定がされていて
その指定どおりに作られた
「本場」結城紬は
糸は機械ではなく、で紡ぎます。
繭をざっくり手で広げて
均一な太さで糸を手で紡いでいくんです。

 

…えぇ、
すごい時間と手間です。

 

ですが、
機械では決して出せない
風合いになるのだそうです

 

ちょっと余談になりますが
麻も最高級と言われるものは
手で糸を作ります。

宮古上布とか、
能登上布とか。

 

絹の糸を手でつくるときは
糸を「紡ぐ」と言いますが

麻の糸を手でつくるときは
糸を「績(う)む」と言うんですよ^^

 

 

4)絹糸以外の素材、が違う

きものや帯をつくるとき
絹糸だけでないときがありますね。

 

例えば
金糸・銀糸

ポリエステルや綿糸に
フィルムコーティングをして
金糸、銀糸を作っています。

本当に金を貼った金糸は
とんでもない金額になります。

 

普通はフィルムを貼り、
銀を貼り、黄色で塗って…
という金糸が多いそうです。

 

 

他にも
きものや帯の装飾で使うものとして
螺鈿(らでん)とか
スワロフスキーとか
いろいろ使いますね。

 

螺鈿は奈良時代に
日本に伝わったという

貝殻の内側を器や家具に貼って飾る技法。

 

帯に貼って飾ると
キラキラとってもキレイです。

 

貝殻を使って伝統技法で作られた
本物の螺鈿なのか、
螺鈿風な飾りなのかで
これまた値段が変わりますね。

 

 

5)染料、が違う

糸や布地を染める染料が
自然由来か、
それとも化学染料か。

 

この染料も
大きな違いを生みます。

 

自然由来のものといえば
草木染め
泥染め
白泥染め などなど。

 

草木染めといえば
紅花、桜、蘇芳、ウコン…

色素が出る時期に植物を採取し
煮出し、糸を漬けて染めます。

 

自然染料の草木染めは
一回で染まることは稀で

何度も染めないと色がつかないものが多く、
しかもいつも同じ色が出るとは限りません。

 

日本人にとってなじみ深い藍染めは
全て天然素材で行う染色方法に
天然藍灰汁発酵建(てんねんあいあくはっこうだて)
があります。

 

天然藍灰汁発酵建は
江戸時代から日本で始まった手法で
藍の色素を含む植物を
約1年かけて乾燥・発酵させて蒅(すくも)にし、
甕の中で蒅と灰汁と混ぜて
さらに発酵させた状態で染めます。

 

藍染めは
化学染料でも「正藍」とか
呼んでしまうことがあるそうで
とってもわかりにくいのだとか。

 

天然藍灰汁発酵建
で染めたものであれば
しっかり表記があるはずで
値段もぐっと上がります^^

 

特に「**染め」と
記載がなければ、まず化学染料です。

 

化学染料は
自然由来の染料に比べて
もちろん値段は安くなります。

 

簡単に染まるし、
色味も安定します。

 

ですが、
化学染料は水質汚染の問題が常にあり
人によっては肌についた時に
アレルギーを起こす方もいます。

 

 

きものの世界では
自然由来の草木染めにこだわる
職人さんや作家さんが
まだまだいらっしゃる、とも言えます。

 

 

 

…と、まずは
きものや帯の「原料」について
値段が違ってくるポイントを
まとめてみました。

 

 

きもの、帯、と言っても
そんな違いがあるのかー

このきものや帯は
そんなところにこだわっているのかー

…と感じていただけたら嬉しいです。

 

 

「きものの値段は手間賃」…!?
”製造工程” が値段にどう反映されるのか

 

続きまして
どうやって作られているのか

2. 作り方の違い

をまとめてみます。

 

1)染め方、が違う

を染めるとき、や
を染めるときの

染め方が手作業か、機械か
ということですね。

 

平面な布でできている
きものだからこそ
絵画のように
手描きで絵を描くこともできます。

 

型を置いて染め抜く型染め
13mの反物を均一に染め上げるためには

熟練の技が必要です。

浴衣の反物も
良いものは裏表どちらも染めて
ぴったり表裏、柄が揃っていて
染めの技術は本当にすごいなぁと思います。

 

最近は
機械プリントのインクジェットの
きものや帯も
たくさん出ています。

コストが安いということだけでなく
細かい柄が出せるんですね。
インクジェットだからできる
表現ということもあります。

 

といっても、機械で染めたものの方が
もちろんお値段としては安くなりますね。

 

 

2)織り方、が違う

糸から布にするとき
織りこさんがトントンと
機(はた)を織る様子を
きもの産地ではまだ見ることができます。

 

機械で織ることと
手で織ること。

 

どちらが値段が高くなるか…
言うまでもなく
手仕事です。

 

「きものの値段は手間賃だ」
という方もいらっしゃるほど
高くなるのは
シンプルに手がかかっているから
ということでもあります。

 

 

3)ブランド力、が違う

どうつくるか、だけでなく
誰がつくるか、も付加価値になります。

 

人間国宝という
素晴らしい技術を持つ
職人さんがつくられたものは
付加価値がつきます。

 

人間国宝、までいかなくても
人気のある個人の作家さんの
きものや帯は値段が上がっていきます。

 

 

4)ロット数、が違う

機械製品は
同じものをたくさん作るほど
一点あたりの単価は安くなりますよね。

 

同じデザインで何点作るか
ロット数も価格を左右します。

 

ユニクロは
1デザイン50万点ロットだそうです。
…桁が違う!!!
安さの秘密はそこにもあるんですね。

 

 

きもの関係は
ロット数がものすごく小さいんです。

手で染めて、手で織って…
という手仕事のきものや帯は
もう一点もの、の域ですね。

 

銀座のきもの専門店 和貴さんでは
オリジナルデザインの帯があるのですが
同じデザイン同じ色あたり2〜3本しか
つくらないそうです。
「自分が人と被りたくないから」
とプロデュースされた
当時の店長さんがおっしゃっていました。

 

その中でも
機械織りの帯は
比較的、量産されやすい。

 

ものすごく安い帯は
同じデザインでロット数多く
作られている可能性があります。

それでも…
同じデザインの帯を1万ロットなんて

絶対に作っていないので
洋服とは大きく違いますね^^

 

一物二価…どころじゃない。
きものの値段を変える”流通”の事情

 

きもの関係では
全く同じものでも
お店によって値段が違う

一物二価どころか、一物十価も起こりえます。

 

その理由は

流通での違いにあります。

 

1)間に入る会社数、が違う

きものは
作り手さんがいて
間に問屋さんが入って
小売に並び、消費者が手にする
というのが基本の流通でした。

 

間に入る業者・会社が増えるほど
値段が高くなるのは
どの業界も共通のこと。

 

ですが、きもの関係の場合
間に入る問屋さんの数も多く、
かなりの金額が上乗せされてきました。

 

 

生産地が10万円代で出した物が
消費者の購入価格で100万円になる
…ということが
本当に起こっていたんですね。

 

 

それくらい昔は
流通させることが大変だった
ということもありますが

今はもうネットも宅急便もあるし
流通の状況は
大きく変わっています。

 

 

最近増えているのが…

 

問屋さんを挟まず
作り手さんが小売のお店に

直接売り込みにいくケースや
小売のお店が作り手さんに直接
「うちであつかわせて欲しい」と頼むケース
(銀座もとじさんなど)

 

作り手のメーカーが
直営店を持つケース
(六本木のOKANOさんなど)

 

問屋さんが商品開発をして
直営店を経営し
販売をするケース

(浅草のはんなりさんなど。
 リサイクル大手たんす屋さんも
 もともと問屋さん)

 

小売店が作り手のメーカーと
商品を共同開発するケース
(これは結構多い)

 

 

…という
間を挟まず流通を効率化することで

価格が下がっていく傾向にあります。

 

 

2)在庫リスクを持つところ、が違う

物販では
必ずどこかが商品を在庫として抱え
在庫リスクを背負います。

 

きものは、
書籍と似ているところがあって

委託販売のシステムがあるんです。

 

書籍は
出版社が本を作り
取次と言う問屋さんが在庫を持ち、
小売の本屋さんに配本します。

 

街の本屋さんは
本を買い取って
仕入れるのではないんです。

 

なので街の本屋さんは
売れなかった本を
取次さんに返却できる。

 

売れ残り在庫の負担は
本屋さんではなく、
取次さんが持つ仕組みです。

 

だからこそ街の本屋さんでは
いつも新刊が並び
どんどん本が入れ替わるんですね。

 

 

同じような委託販売が
きものの世界にもあります。

 

問屋さんから小売さんに
きものや帯を貸し出し
売れなかったら
小売さんは問屋さんに
返品できるんですね。

 

この委託販売システムによって
資金力が小さい小売さんでも
お客様にたくさんのものを紹介できる
メリットもあります。

 

 

ただし、
きものと書籍の
一番の違いは最終販売価格

 

書籍は最終販売価格が
作り手である出版社が決め
本の裏に値段を明記します。

 

どこのお店に行っても
新品であれば
書籍の値段は一緒です。

 

だけど、
きものの場合、
最終販売価格が決まっていない。

 

 

問屋さんは
小売が買い取り仕入れをしてくれるなら
比較的安く卸せるけれど、

返品されるかもしれない
委託販売なら仕入れ価格を上げる
ことを行うんですね。

 

そしてその仕入れ値の違いは
もちろん消費者の購入価格に反映されます。

 

全く同じきものや帯だったとしても
お店によって変わることが
起こるわけです。

 

 

3)作られた時期、が違う

 

書籍は出版年月日が
記載されていますが

きものにいつ作られたか
製造年月日の記載はありません。

 

 

中古ではなく新品だけど
びっくりするくらい安く売られている
というとき、
実は何年も前に作られたもの
ということがあります。

 

理由は
問屋さんや小売さんの
在庫で眠っていた、とか

問屋さんとかが倒産してしまって
少しでも現金化するために
破格で在庫の商品が売り出された、とか。

 

「新作です!」
とは積極的に表記しますが
「10年前のものです」
とはわざわざ表記しません。

 

しかも、新しいから良いもの
とは限らないことも
きものの特徴なんですよね。

 

 

4)仕立て代など、
その他の費用が違う

 

きもの産地で作られた
反物や帯地の値段が一緒だったとしても

お仕立て代や
ガード加工代など
そのあとに必要になるコストで
最終価格が変わってきます。

 

お仕立て代も
小売店によって違いますし
同じ小売店でも
海外仕立てなのか、国内仕立てなのか…
全部手縫いなのか、一部ミシンなのか…
…と変わってきます。

 

きものって
いろんな人たちが
関わっているんだなぁ
とも言えますよね。

 

 

まとめ
〜お買い物リテラシーを持つ、きもの美人へ〜

 

きものや帯の値段は
何が原因でこんなに違うのか。
原料、作り方、流通
と3つの点から
お届けしてきました。

 

読んでくださった読者さんがくださったご感想が
とても嬉しかったので、シェアさせていただきますね!^^

 

 

上杉 惠理子さま

とっても面白かったです^ ^

これからも楽しみにしてます♡

0さん

 

メルマガの
値段が変わるポイントシリーズ、
大変勉強になりました〜!
おもしろかったです!!

Aさん

 

本日も ありがとうございます!

着物の値段は ほんとうに不思議でした。

同じ絹であっても値段が違います。

着物を購入するのは、不動産並みとは言いませんが、
私にとっては、とーっても
チャレンジ精神が必要なことです。

Sさん

 

こうやって着物の出来上がるまで、
商品として顧客の目の前に届く前の経過を知ることで、
私のような、
着物のことを知らず、つい
「商品」としてのみの部分だけを見、

評価してしまう人間には、勉強になります。

Mさん

 

ご感想を寄せてくださったみなさま、
お読みくださったみなさま、
本当にありがとうございました!

 

読んでいただけて
お役に立つことができて
とっても嬉しいです^^

 

 

私が知っているのは
業界のまだまだ一部なので
もっともっと勉強してお伝えしていきたいと思います。

 

 

私も今回改めてまとめながら
やっぱり、きものや帯の値段は
難しいなぁと思います。

 

 

書籍のように
どこで買っても同じではないし

家電のように
価格ドットコムで
店舗比較することもむちゃくちゃ難しい。

 

 

きものや帯って

型番があって、みんな同じに作る
工業製品よりも


どんなにブランドものの「桃」でも
甘さは食べてみないとわからない…
みたいな、
農産物に近いのです。

 

 

 

結果、

きものの値段はわかりにくい
と思われ、

 

それがさらに
きもの屋さんに入りにくい…
売り込まれている感がある…
と消費者が感じ、

 

きものはハードルが高い
というネガティブイメージの
一つになって
いるんだと思います。

 

 

この状況を変えるためには
どうしたらいいか。

 

お店側が消費者に
わかりやすく伝える努力も必要ですが
私は消費者も学んだらいいと思います。

 

作り手、お店のスタッフ、消費者
この間の知識のギャップが大きすぎることが
今のきもの業界の課題の一つ。

 

業界を成長させるためには
消費者が成長することが一番早い
他の業界をみるとわかります。

 

 

私は、和創塾を通じて
買い物リテラシーを持つ
きもの美人を増やしていくことが
業界への貢献だと考えています。

 

 

なので、和創塾では生徒さんに
敢えて きものの専門用語も叩き込み笑
ショップツアーを開催したり
経験値を増やすサポートをしています。

 

きものの未来は、明るい。

 

だって、きものは
とっても楽しくて素敵なものだから^^ 
私はそう信じています。

 

 

・・・
和創塾
〜きもので魅せる もうひとりの自分〜
主宰 上杉惠理子

 

「私もきものを着てみたい!
 だけど最初に何が要るのかな?」と思った方へ
この無料電子書籍で、小さな初めの一歩を踏み出しみませんか?^^
    ▼▼▼ 

◆電子書籍『きものデビュー20のチェックリスト』プレゼント◆

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きもので もうひとりの自分を魅せる和創レッスンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 着物一反に必要なお蚕さんは何頭?〜銀座もとじさんに、今年もお蚕さんがやってきた〜

  • 余った布は何にする?〜私の2018年春アイテム〜

  • きものショップツアー開催レポ

  • 気軽に着れて新品お仕立て3万円のきもの、興味あります?〜染織こだま出張木綿展に行ってきました〜

  • きものはアタマで考えて買わない!〜上杉流 きもののお買い物の流儀5箇条〜

  • きもの探し行くなら浅草へ!〜『浅草でそろう江戸着物』